2018年7月のFX月間収支は+14,764円、久しぶりのエントリー、含み損は-13万円に減少

Pocket
LINEで送る

7月は1月以来、久しぶりにエントリーしました。

6ヶ月ぶりのエントリー、ドル円BUYのスワップ金利がとうとう1日500円に(合計ロット数は1.0)

2018年7月15日

2018年7月は一時、ドル円の為替レートが113円台まで上昇し、私の含み損もだいぶ減ってきて心に少しゆとりができたので、0.1ロットと小ロットですが、久しぶりにエントリーしてみました。

また、7月に入ってからスワップ金利が拡大していていたので、「3エントリーで合計0.9ロット」から「4エントリーで合計1.0ロット」に増やしたかったという背景もあります。

しかし、ドル円が113円台に上昇した時点で、トランプ大統領がテレビのインタビューとツイッターで口先介入しました。

その結果、ドル円は一時、110円台半ばまで下落しました。

トランプ大統領、中国やEUやその他の国は為替や金利を操作している、米国は利上げで競争力を失っている。

2018年7月27日

しかし、昨日の日銀政策決定会合で強力な金融緩和継続を継続すると発表され、日米金利差を意識してか、再度、ドル買い円売りの動きが出てドル円は上昇しています。

2018年7月のドル円(4時間足)

私がFXトレードしているOanda Japan(オアンダジャパン)のドル円4時間足のチャートです。

2018年7月は下は110.2円、上は113.1円を付けました。

緑の点線が私のBUYエントリー4本で、赤の点線が利食いラインです。

現在、利食いラインは4本とも113.3円あたりに置いています。一番上のエントリーは損切りになりますが、4エントリートータルではプラスになるあたりの利食いラインになっています。

Oandaの「オープンオーダー」を見ると、1ドル113円に売り(SELL)の予約注文がたくさん入っています。

これを見ると、113円で抑えられる可能性が高そうです。

仮に、113円を超えたとしても先日の高値との二点天井になる可能性もありますし、そこを乗り越えたとしても2017年から過去に何度も抑えられている114.5円の壁が待っています。

上のチャートはドル円の週足ですが、約3年前の2015年8月頭からずーと抑えられていたレジスタンス(抵抗線)を、今年7月頭に始めて上抜きました。

今後は「レジスタンス転じてサポートライン」として機能して、上昇に転じるかもしれません。RSIを見ても、まだ上昇余地はあるようです。

しかし、為替レートの長期のトレンドを示す指標である購買力平価では、ドル円の長期トレンドは円高方向です。

購買力平価とは為替レートの長期トレンドを示す指標、インフレ・デフレとの関係、ビックマック指数

2018年8月1日

今週末は米雇用形態の発表がありますので、雇用形態の中身次第では113円を超える可能性もありそうです。

早く含み損生活から脱したいので、一度でいいから115円くらいまで上昇して欲しいです・・・。

2018年7月の収支と含み損益

BUY4エントリーの合計含み損は130,530円です。

7月は久しぶりにエントリーしましたが、このエントリーは不発に終わってしまいました。

しかし、毎日入ってくるスワップ金利で合計14,764円を稼ぎました。

7月半ばは1日500円台のスワップ金利が入ってきましたが、月末にかけて日本の10年債利回りが上昇している関係か、490円台に落ちています。

できれば、8月は含み損を抱えている4エントリーから開放されたいと思っていますが、夏場は円が買われやすい時期(=円高になりやすい時期)でもあるので含み損が増える可能性の方が高いかもしれません・・・。

日経新聞によると、過去20年間に70%の確率で「8月の円高」が起きたそうです。。

私が使っているFX業者について

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)⬇」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

⬆詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。⬇

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です