2019年2月のFX月間収支は+900円、フラッシュクラッシュの時に37万あった含み損は6万円ほどに縮小

Pocket
LINEで送る

2019年も早いものであっという間に2ヶ月が終わり、3月に入りました。

今後は寒さは徐々に和らいでくると思いますが、花粉症の季節が始まるので、日本の1〜4月は過ごしづらい日々が続きます。。

2月はほとんどエントリーできず、ただチャートを眺めるだけの日々が続きました。

たまにしたエントリーも、利食いが下手すぎて嫌になるレベルで終わってしまいました。。

その結果、+900円というしょぼい結果でした。

大きな含み損を抱えたエントリーを2つ抱えているので、なかなか積極的にエントリーできませんし、エントリーしても焦って利益確定してしまい、その結果、その後の大きな上昇をとれないという負のスパイラルに陥っています。

唯一の希望は日々受け取るスワップポイント(スワップ金利)くらいでしょうか。

ドル円BUY2エントリーのスワップポイントがとうとう4万円を超えました。

約3ヶ月で40,515円なので、1ヶ月で13,505円ほどのスワップポイントが入ってくる計算です。

仮に、あと3ヶ月ほど保有したら、合計保有期間が6ヶ月となるので、「13,505 × 6 = 81,030」となり、合計で81,030円のスワップポイントとなります。

ドル円が今の為替レートを維持してくれれば、含み損(現在6万円ほど)よりも受け取ったスワップポイントが上回ることになります。

ただ、3ヶ月以内に大幅な円高ドル安相場が来る可能性もあります。

イギリスが3月末に「合意なき離脱」をしたら、2016年6月の時のブレグジット(当日は1ドル99円台までドル円下落)のように一気に円高が進む可能性もあります。

そのため、含み損が5万円ほどまで縮小したら、この時点で損切りして、ポジションフリー状態でやり直すことも視野に入れています。

2019年2月のドル円為替レート

私が利用している「Oanda Japan(オアンダジャパン)」のドル円4時間足です。

昨日はドル円が大幅に上昇し、レンジをうわ抜ける展開となりました。

きっかけは、米国の予想を上回るGDP発表です。

NY円、続落 1ドル=111円35~45銭で終了、米GDPが予想上回りドル買い:日本経済新聞(2019/3/1)

10~12月期のGDPは前期比年率2.6%増と市場予想(約2%増)を上回った。7~9月期の3.4%からは減速したが、企業の設備投資の伸びが支えた。全体の約7割を占める個人消費も堅調な伸びを維持した。米景気減速への警戒感が薄れて米長期金利が上昇し、対主要通貨でドルが買われた。

円相場112円台うかがう 膠着抜けるか:日本経済新聞(2019/3/1)

相場を大きく動かすきっかけとなったのは、2月28日に公表された2018年10~12月期の米国内総生産(GDP)だ。実質GDPは前期比年率2.6%増と市場予想の2.2%を大きく上回る結果となった。18年7~9月の3.4%からは減速したものの、企業の設備投資や個人消費は好調だった。つい2週間前に公表された18年12月の米小売売上高が大幅なマイナスとなり、市場参加者にショックを与えていただけに、予想以上に好調だったGDPの結果は市場の安堵感につながった。

米景気後退への懸念が薄らいだことで、米長期金利が上昇し約2週間ぶりに2.7%台を回復。米金利の上昇が日米金利差の拡大を促し、為替市場では円安・ドル高が進行した。中長期の相場のトレンドを示す200日移動平均などのチャート上重要な節目を抜けたことも円安に弾みをつけた。

米GDP発表前は、米朝首脳会談が思いのほか早く終わり、北朝鮮の非核化が合意に至らなかったというニュースが出ていたので、多くの投資家はリスクオフ寄りの判断をしていたと思います。

つまり、ドル円ならSELL目線だったと思います。

しかし、2018年10~12月期の米GDPが予想を大きく上回り、その結果として米10年債利回りが2.6%から2.7%へと上昇しました。

債券は価格と利回りが逆相関なので、債券利回りが上がったということは、債券価格が下がったということです。

つまり、債券が売られるという典型的なリスクオンの流れとなりました。

また、昨晩の急上昇を見ると、多くのストップロス(SELLの損切り)を巻き込みながら上昇したような気もします。

昨日はドル円SELLで損切りした人も多いのはないでしょうか。

ドル円の日足です。

200日線を超えています。これは年間の平均為替レートを上回ったということを意味します。

節目として意識される線なので、今後、1ドル112円を目指す展開となるかもしれません。

クロスドルを見ると、それほどドルが買われているという印象はありません。実際、ドル指数は96台を維持しています。

クロス円を見ると、明らかにどの通貨に対しても円が売られています。やはり、マーケットはリスクオンの流れとなっているようです。

今日はISM製造業、来週はISM非製造量、ADP雇用者数、雇用統計と大きな経済指標の発表がありますが、この結果が良ければ、ドル円は1ドル112円乗せする展開も有り得そうです。

Oandaの「オープンオーダー・オープンポジション」を見ると、節目の1ドル112円ではなく、1ドル112.25円にSELLオーダーがたくさん入っていることが分かります。

展開によっては、1ドル112.25円のSELLオーダーのストップロス(損切り)を巻き込んで、さらに上昇する可能性もあるかもしれません。

1ドル113円台のBUYで含み損を抱えている私としては、良い結果が出ることを祈るばかりですが・・・。

ドル円週足です。

26週線を少し超えています。

1月3日にフラッシュ・クラッシュが起きた後は、エコノミストやアナリストは1ドル80〜100円ほどの円高予想をする人が多かったですが、現状ではドル円は年始から円安に進んでいます。

あらためて、エコノミストやアナリストなどの証券会社関係者の予想は当てにならないと感じます。。

2019年の為替市場は1月3日からフラッシュクラッシュで大幅な円高に、ドル円は104円台まで急落、強制ロスカットされた人が多いのでは?

2019年1月3日

1月3日のフラッシュクラッシュを引き起こした犯人(原因)は誰(何)だったのか?次はGWの10連休中か?

2019年1月26日

2019年2月のFX収支

2月はほとんどエントリーしませんでした。

エントリーしても、含み損を抱える前にトレイリングストップに引っかかってしまったりなどで、数百円のプラスで終わってしまいました。

1月3日のフラッシュ・クラッシュ時には37万を超える含み損がありましたが、6万円台まで減少しています。

このまま素直にドル高円安が進むとは思いませんが、なんとかいい形で乗り切れたらいいのですが・・・。

ただ、毎年3月は以下の要素があり、円高になりやすい傾向があります。

  • 日本の輸出企業が海外での売上を円に戻す(=円転=外貨を売って円を買う=円高)動きが出やすい
  • 投資家が外貨で受け取った利子や配当金を円転する

ただし、季節性とは全く反対の動きをすることもよくあることなので、すべてのファンダメンタルズ要素は為替チャートに織り込まれるという視点を大切にしていきたいと思います。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です