2017年1月19日の新規失業保険申請件数、フィラデルフィア連銀景況指数、住宅着工件数、建設許可件数

Pocket
LINEで送る

昨日は22:30に4つの経済指標の発表がありました。

  • 米 新規失業保険申請件数
  • 米 フィラデルフィア連銀景況指数
  • 米 住宅着工件数
  • 米 建設許可件数

さらに、同時刻にドラギECB総裁の記者会見もあったので、ドル円だけでなく、ユーロ円、ユーロドルが大きく動きました。

昨日のドル円

ドル円15分足

ドル円15分足

昨日のドル円は22:30に発表された経済指標が概ね良好だったこともあり、そこから大きく上昇しました。

その後、トランプ政権で財務長官に任命されたティーブン・ムニューチンが「強いドルは長期的に重要」と発言したことにより、さらに上昇し、ドル円は115.61まで上昇。

強いドル「長期的に重要」 次期財務長官、トランプ発言火消し:日本経済新聞(2017/1/20 3:07)

次期米財務長官に指名された米ゴールドマン・サックス元幹部のスティーブン・ムニューチン氏は19日、上院委員会の承認公聴会で「ドルは世界で最も魅力的な通貨として取引されてきた。長期的には『強いドル』が重要だ」と主張した。トランプ次期大統領が「ドルは強すぎる」と言及して市場に動揺が広がっており、ムニューチン氏は早々に火消しに動いた。

 トランプ氏は米紙のインタビューで、中国の人民元政策を批判しつつ「我々の通貨(ドル)は強すぎる。米企業は彼ら(中国勢)と競争できない」と述べ、通貨安誘導に動く可能性も示唆した。ムニューチン氏は19日の公聴会で「トランプ氏の発言は短期的な動きに向けられたものだ」と反論。長期的には米歴代政権が主張してきた「強いドル」が重要だと述べた。

しかし、その後は大きく下へ調整しました。

おそらく、翌日の大統領就任に備えてのポジション調整の売りだと思われます。1/20は米国は休日なので。

私は13時頃に1回エントリーし、経済指標発表時に2回目のエントリーをし、昨日は両方ともプラスにすることができました。

新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数は予想・前回よりも良し。

フィラデルフィア連銀景況指数

フィラデルフィア連銀景況指数は予想・前回よりも良し。

住宅着工件数

住宅着工件数は予想・前回よりも良し。

建設許可件数

建設許可件数は予想より悪い、前回より良い。

経済指標の結果まとめ

結果 予想 前回
新規失業保険申請件数 23.4万件 25.2万件 24.7万件 → 24.9万件
失業保険継続受給者数 204.6万人 207.5万人 208.7万人 → 209.3万人
フィラデルフィア連銀景況指数 23.6 15.3 21.5
住宅着工件数 122.6万件 118.8万件 109.0万件 → 110.2万件
建設許可件数 121.0万件 122.5万件 120.1万件

この4つの経済指標の結果を受けて、ドル円は上昇しました。

昨日のFXトレード成績

取引 ロット エントリー価格 決済価格 pips 損益
BUY 0.2 114.519 114.651 13.2pips +2,640
BUY 0.1 114.661 114.929 26.8pips +2,680
合計損益 +5,320

昨日は2エントリーともに、プラスにできてホッとしています。

ドル円1分足

お昼過ぎに転換点かな〜と思って、左赤ラインでエントリーして、右赤ラインで利食い。

結果論ですが、利食いラインをもうちょっと上に置いておけばと後悔。

ドル円1分足

4つの経済指標が発表される22:30の前に上へグングンと向かっていたので、イフダンは使わず、発表1分前にBUYでエントリー。(左赤ライン)

大きく動く可能性もあったので、利食いラインだけ入れて、損切りラインは入れませんでした。

結果的には、利食いはその後もずーと伸ばせましたが、まぁ良しとします。

昨日は今年最大の利食い額(+5,320円)となりました。

早く1ロットでやれるくらいの自信を付けたいものです。

昨日のトレードを1ロットでやっていたら、53,200円の利食いですからね。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です