2017年1月27日、日銀が国債買い入れ、米第4四半期GDP、個人消費、耐久財受注、ミシガン大消費者信頼感指数

Pocket
LINEで送る

昨日は午前中、夕方、夜と私としてはトレードをたくさんやりました。

さらに、22:30に「米第4四半期GDP」「個人消費」「耐久財受注」、24:00に「ミシガン大消費者信頼感指数」と、経済指標の発表が多い日でもありました。

私はなんとかプラスで終えることができました。

ドル円15分足

ドル円15分足

昨日は「米第4四半期GDP」の発表の6時間前くらいまでは上へ行く流れでした。

それ以降は、上げたり下げたりしながらも、結局はレンジ的な感じで終わっています。

ただ、22:30の経済指標では上下にかなり大きく動きましたが。

日銀国債買い入れ報道

ドル円1分足

ドル円1分足

まず、昨日は月末金曜日ということで、実需の買いが入ってくるかな〜と思ったので、BUYで入ってみました。

その後、予想通り、ドーンと拭き上げました。

私は輸入の買いだと思っていたのですが、実は日銀が国債を買い入れたことによって、金利が低くなり、米金利差が拡大したことによってドルが買われたようです。

ドル・円が上昇、日銀の国債買い入れ増額で-1週間ぶり115円台 – Bloomberg

27日の東京外国為替市場ではドル・円相場が上昇し、1週間ぶりに1ドル=115円台を回復した。日本銀行による国債買い入れ増額を受け、緩和縮小への警戒感が和らぎ、日米金利差が拡大するとの見方からドル買い・円売りが強まった。

朝方は114円台半ばを挟んで推移していたが、午前10時10分に国債買い入れオペが通知されると円売りが強まり、115円台に上昇。午後の取引終盤には115円26銭まで値を切り上げた。

27日の債券相場はオペ増額を好感し、一時上げ幅を拡大。前日に0.09%と昨年12月中旬以来の高水準を付けた10年債利回りは0.07%まで低下した。

ドルは114円後半で底堅い、株高・日米金利差の思惑を支えに | ロイター

日銀が国債買い入れを通告し、長期ゾーンを増額したことで「(同ゾーンの金利が低下し日米金利差が広がるという)安心感が出て為替もやや上方向に修正した」(国内金融機関)という。

仲値公示にかけて国内輸入企業のドル買いが出て支えになったもよう。こうした動きに、短期筋のドル買い戻しも加わったとみられる。市場では「ドル高けん制に惑わされて、ドル/円は株価や金利に出遅れていた面があり、それを取り戻す動きが出たようだ」(国内金融機関)との声が聞かれた。

ただ、115円付近では輸出企業からの戻り待ちの売りも出やすいと見られており、「いったん、もみ合う水準ではないか」(同)という。

債券は価格が上がると利回りは下がります。日銀が大量に日本国債を買えば、国債価格は上がり、利回りは下がります。

すると、日米債券の金利差が拡大し、金利が高い米ドルを買う人が増えます。その結果、ドル高円安になります。

第4四半期GDP、個人消費、耐久財受注

ドル円1分足

ドル円1分足

「個人消費は堅調でしたが、ドル高を背景に、輸出が落ち込んだことが影響」というところがポイントですね。

米大統領選以降、ドル高になってきているので、米輸出企業に悪影響が出ているようです。

日本の輸出企業も円高になると、利益が減りますからね。

今後、トランプがTwitterなどで為替についてつぶやくことが増えるかもしれません。

結果 予想 前回
4Q米 GDP(速報値) [前期比年率] 1.9% 2.2% 3.5%
4Q米 個人消費 [前期比] 2.5% 2.5% 3.0%
耐久財受注 [前月比] -0.4% 2.5% -4.5% → -4.8%
耐久財受注・輸送用機器除く [前月比] 0.5% 0.5% 0.6% → 1.0%

米成長率、1.9%に減速  10~12月 トランプ氏公約「4%」遠く 輸出減、投資は上向き:日本経済新聞

米商務省が27日発表した2016年10~12月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、前期比年率換算で1.9%増となった。特殊要因による輸出減で7~9月期(3.5%増)から減速したが、経済の巡航速度である潜在成長率(2%程度)をほぼ維持した。設備投資や住宅投資も上向いており、米景気は緩やかな増勢を保っている。

ミシガン大消費者信頼感指数

ドル円1分足

ドル円1分足

イフダンでBUYを事前に入れていたのですが、発表直後にほとんど動かなかったので、すぐに抜きました。

結果 予想 前回
ミシガン大消費者信頼感指数 98.5 98.1 98.1
現在景況感 111.3 112.0 112.5
先行景況感 90.3 88.9

昨日のFXトレード成績

昨日は午前中に2000円のプラスになり、夕方は3連続でマイナスを出してしまい、合計プラス1000円に。

そこから、22:30のGDPの発表で-2,140円のマイナスを出してしまいましたが、ロットを倍にして再エントリーして、なんとか2700円のプラスで終えることができました。

去年までなら、マイナスを出してから「取り返してやろう」とリキんで、さらにマイナスを膨らませていましたが、昨日は冷静に対処できました。

まぁ、運もよかったのでしょう。

取引 ロット エントリー価格 決済価格 pips 損益
BUY 0.1 114.544 114.744 20.0pips +2,000
BUY 0.1 115.054 115.011 4.3 -430
BUY 0.1 115.022 115.021 0.01 -10
BUY 0.1 115.020 114.964 5.6 -560
BUY 0.1 115.001 114.787 21.4 -2,140
BUY 0.2 114.921 114.967 4.6 +920
BUY 0.2 115.197 115.343 14.6 +2,920
合計損益 +2,700

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です