2017年10月の米雇用統計発表直後にエントリーし、ISM非製造業で30.5pips利食い。+6100円

Pocket
LINEで送る

昨日は日本時間21:30に米雇用統計、23:00に米ISM非製造業の発表がありました。

私は雇用統計発表直後に4回エントリーし、合計で6580円の利食いができました。

反省点もありますが、1エントリーだけ30.5pipsを獲得でき、6100円の利食いができたのはうれしいです。

私の場合、デイトレで30pips以上を取れることはあまりないので、昨日のトレードは個人的には満足できています。

では、昨日のトレードを振り返ってみたいと思います。

米雇用統計(2017年10月)

2017年10月の米・雇用統計(非農業部門雇用者数)は予想より悪い結果となりました。

この結果を受け、ドル円はギャップダウンする形で約40pips下落。

私はすぐにSELLでエントリーしたのですが、その後、踏み上げられたので、BUYでもエントリーし、両建て状態になりました。

両建てにすることで、この後、上昇しても、SELLのマイナス分をBUYで補えると判断したからです。

最悪でも、SELLとBUYでプラマイゼロ近くになったら決済して、ダメージを減らそうと思いました。

その後、この2エントリーは多少のプラスで決済し、その後に2エントリーしたのですが、それは後ほど。

米失業率、4.1%に改善 10月16年10カ月ぶり水準 雇用26.1万人増 12月利上げ後押し:日本経済新聞

米労働省が3日発表した10月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は失業率が4.1%と前月から0.1ポイント下がり、16年10カ月ぶりの低水準となった。景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数はハリケーン被害からの回復もあり前月に比べて26万1000人増えた。堅調な雇用情勢が確認され、米連邦準備理事会(FRB)が12月に追加利上げに踏み切るとの観測を後押ししそうだ。
失業率は市場予想(4.2%)を下回り、IT(情報技術)バブルに沸いた2000年12月以来の水準まで下がった。

アメリカは失業率が4.1%と非常に低く、雇用に関しては良好なようです。

ただ、16年10ヶ月ぶりということは、2001年と同水準ということです。2001年と言えば、ITバブルが弾けた年です。

ISM非製造業(2017年10月)

10月の米ISM非製造業景況感指数、0.3ポイント上昇 12年ぶり高水準を更新:日本経済新聞

米サプライマネジメント協会(ISM)が3日発表した10月の非製造業景況感指数は60.1となり、前月より0.3ポイント上昇した。3カ月連続の上昇で、2005年8月以来12年1カ月ぶりの高水準となった前月を上回った。ダウ・ジョーンズがまとめた市場予測(58程度)も上回った。指数は50が非製造業の好不況の分岐点となる。

ISM非製造業はマーケットの予想を超える数値が発表されたので、ドル円はその後、上昇していきました。

ISM非製造業指数とISM製造業指数は50が好不況の分岐点で、50以上なら良好、60以上なら極めて良好という目安になっています。

エントリーと利食い

雇用統計は予想よりも悪かったので、初動はギャップダウンする形で40pips近く下落しました。

直後の5分ではどちらにいくか分からなかったのですが、10分後に5分足で下値をきり上げていることを確認してBUYエントリーしました。

ピンクの丸の部分です。

10分後にエントリーしたBUYはビビってすぐに利食いしてしまったのですが、15分後にエントリーしたBUYは少し上に決済逆指値(ストップロス)を入れて、ISM非製造業の発表まで保有することにしました。

その後、ドル円は上昇し、5000円ほどの含み益が出たのですが、我慢してそのまま保有しました。

というのも、「ISM非製造業が予想よりも上回る確率が高そう・・・」というなんとなくの期待値があったからです。

結果的に、ISM非製造業は予想を上回る結果となり、決済指値(テイクプロフィット)にひっかかり、30.5pipsを取ることができました。

ただ、その後さらに28pipsほど上昇したので、結果的には利食いが早すぎたということになってしまいましたが・・・。

今年のドル円を見ると、114.5に4回連続で抑えられています。

ただ、チャートを見ていると、そろそろ超えてくるのではないか?とも感じます。

私は外貨預金もしているので、年内に118円になったら嬉しいのですが・・・。

あとは、私の場合、SELLよりもBUYの方がエントリーしやすい傾向があるので、上昇相場の方が勝ちやすいというのもあります。

ただ、FXでかなり稼いでいる人は、SELLで稼いでいる人が多いようなので、SELLでも利食いできるように今後は練習していく必要があるとも考えています。

トレード収支

昨日は久しぶりにスキャルみたいな感じでトレードしました。

上手な人なら、大きなロットで数十万単位の利食いができるのでしょうが、私はまだ自信がないので、0.2ロットでやっています。

証券会社はOANDA(オアンダ)Japanを使っています。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です