一時は60万円超の含み損を抱えたBUY4エントリーを利益確定し、昨年末から約9ヶ月続いた含み損生活からやっと開放される

Pocket
LINEで送る

朝起きて、スマホでMT4のアプリをチェックしたら、昨年末から保有していたエントリーが全て消えていました。

というのも、私は1ドル113.40円に指値決済を入れていたので、寝ている間にそれにかかったようです。

私が寝ている間にドル円は大きく上昇しました。

これでやっと昨年末から続いていた含み損生活から開放されることになります。

一番上でBUYしたエントリーのみマイナス決済となっていますが、4エントリートータルでは13,930円のプラスとなっています。

私は113.569円までは上昇しないと思っていたので、4エントリートータルでプラスになればOKと考え、4エントリー全てに113.40円で指値決済を入れました。

上の2エントリーは昨年12月にエントリーしているので、約9ヶ月間も保有したことになります。

3つ目のエントリーは今年1月から保有していたので、約8ヶ月の保有です。

その間、スワップ金利も数万円受け取りました。正確な金額は分かりませんが、10万弱ほどだと思います。

一番下のエントリーは先日、私の操作ミスで強制ロスカットの恐怖を感じながら利益確定した玉です。詳細は以下の記事に書いています。

FOMC前に操作ミスの多重エントリーで強制ロスカットの恐怖を味わう。。MT4で数値入力で決済指値する手順

2018年9月27日

2018年のドル円は3月が底で、1ドル104円台を付けました。

この時は60万円を超える含み損を抱えていました。私の記憶だと、一番含み損が膨らんだ時で75万円くらいありました。

2018年2月のFXトレード月間収支は7592円プラス、高値でBUYした含み損は-683,340円に拡大。。

2018年3月4日

2018年3月のFXトレード月間収支は8,554円プラス、含み損は-634,380円。一度もエントリーせずスワップ金利をもらうだけの毎日。

2018年3月31日

この時期は、1ドル100円割れの恐怖を感じながら、胃が痛い日々が続いていました。新聞記事などでも、ドル円は80円まで下落するかもしれないと書かれていた時期です。

ここまで含み損を抱えると、何もできず、ただただドル円が上昇することを祈るばかりの他力本願な日々が続きます。。

今日、プラスで決済できて改めて思ったことは「損切りの重要性」です。

ある凄腕FXトレーダーは「損切りは経費」と言っていましたが、今は本当にそう思います。

「損切り」を「損失」と考えるとマイナス面のみ浮かび上がってきますが、「損切り」を「必要経費」と考えるとまた違った一面が見えてきます。

どんなビジネスでも経費をかけながらビジネスを大きくしてきます。

FXの経費とは損切りであり、損切りできないと私のように強制ロスカットの恐怖を感じながら何もできない毎日を送ることになります。

最悪の場合は強制ロスカットをくらい、それはFXというビジネスの終わりを意味します。

とりあえず、今回はプラスで終えることができてよかったです。運が良かっただけなんですが。。

今は肩の荷が落ち、これからまた1からFXを勉強・研究し直そうと思っています。

とりあえず、ポジションがフリーになったので、これからやることは私が利用しているOanda Japan(オアンダジャパン)で「NYサーバー」から「東京サーバー」に資金を移行することです。

というのも、「Oanda Japan(オアンダジャパン)」の場合、東京サーバーの方がドル円のスプレッドが0.3と狭いですし(NYサーバーは0.4)、サーバーの距離も近いのでレイテンシー(遅延)が起こりづらいというメリットがあるからです。

日本のFX業者でMT4が使えて東京サーバーが利用できるのは「Oanda Japan(オアンダジャパン)」のみだと思われます。

これが、多くの経験値が高いFXトレーダーが「Oanda Japan(オアンダジャパン)」を選ぶ理由だと思います。

先日、とあるFXセミナーに参加したのですが、講師の人も「Oanda Japan(オアンダジャパン)」を使っていました。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です