XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

Pocket
LINEで送る

前回の記事で海外FX業者「XM(エックスエム)」の口座開設の手順を説明しました。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

上記の記事をまとめると、口座開設申請からトレード開始までは以下の手順になっています。

ここまでの流れ+トレード開始までの流れ
  1. 口座開設の申請
  2. メールが届くので認証リンクをクリック
  3. 会員ページにログイン
  4. 必要書類をアップロードして24時間以内に口座を有効化
  5. MT4をダウンロード
  6. 口座が有効化したというお知らせメールが届く(←前回の記事ではここまで解説)
  7. トレード資金を入金(振込してから約1時間以内に自動反映、1万円以上の入金なら手数料0円)
  8. MT4にログイン
  9. トレード開始

今回は7番目の「入金方法」を解説します。

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、入金も国際送金で難しいと思う人もいるかもしれませんが、指定された日本の銀行に振込すればOKなのですごく簡単です。

あっという間で拍子抜けするくらいサクッと入金されます。

では、実際に私が2019年7月末に10万円を入金した手順をこれから解説します。

XM(エックスエム)の入金方法、会員ページで振込先を確認

まず最初にXM(エックスエム)の会員ページにログインします。

「ログイン」と書いているところに「会員番号(ID)」を入力します。

「会員番号(ID)」は口座開設申請後に届くメールに書いています。

認証リンクをクリックしてから届くメールにIDとして8桁の数字が書いてあると思いますが、それです。

「パスワード」は口座開設申請時に自分が入力したものです。

両者を入力したら「ログイン」をクリック。

XM(エックスエム)の会員ページにログインしました。(※私の名前や口座番号は消しています。)

現在の残高は0円です。

口座開設したばかりの人なら「クレジット」に3000円と書いてあるかもしれません。これは口座開設した時にのみ受け取れるボーナスクレジットです。

私は2016年に口座開設していて、過去に全額出金しているので、現在は「クレジット」も0円です。

「入金」ボタンをクリック。

複数の入金方法がありますが、私は「Local Bank Transfer」を選びました。

「Local」は「地元」、「Bank」は「銀行」、「Transfer」は「移す」という意味ですが、要するに「日本の銀行に移す=日本の銀行に振込する」という意味です。

「入金」ボタンをクリック。

次のページに振込先の銀行の情報が掲載してあります。三井住友銀行です。

上記の口座に振込すれば、通常1時間以内にXMの口座に資金が入金されます。

振込前にいくつか注意点がありますので、以下にまとめます。(上の画像の茶色の文字の部分から重要なところだけピックアップしてみました)

振込前の注意点
  1. 振込人名義にはローマ字表記の氏名と口座番号(ID)を書く
  2. 1万円以上の入金額なら送金手数料は0円(XMが負担)、1万円未満なら1500円
  3. 1回の最大送金額は1000万円まで
  4. 振込後1時間以内に口座に入金が反映

1つずつ詳しく解説します。

振込(入金)前の注意点(1)
振込人名義にはローマ字表記の氏名と口座番号(ID)を書く

XM(エックスエム)は海外に拠点があるFX業者のため、振込人名義は日本語ではなく英語(ローマ字)表記にします。

あなたの名前が「山田太郎」だった場合、普段なら日本語のカタカナ名(ヤマダ タロウ)で振込すると思いますが、今回は「Taro Yamada」とローマ字表記にします。

さらに、XM(エックスエム)の口座番号(ID)を名前の後ろに付け加えて「Taro Yamada 20049186」などとします。

TaroとYamadaの間にスペース、YamadaとIDの間にスペースが入っています。

ローマ字表記と口座番号(ID)の2つの情報がないと、1時間以内に入金が反映されないので注意して下さい。

振込(入金)前の注意点(2)
1万円以上の入金額なら送金手数料は0円

通常、日本から海外に資金を移すためには送金手数料がかかりますが、XMの場合、入金額が1万円以上なら送金手数料はXMが負担するので0円になります。

自分の口座から振込先である三井住友銀行への振込手数料はもちろん自分で負担しますが、私が利用しているネット銀行では月に数回の振込手数料無料サービスがあるので、実質手数料0円で入金できました。

XMへの入金額が1万円未満だと1500円の送金手数料がかかるので、実質的にXMへの入金額は1万円以上ということになります。

ただし、私個人としては最低でも5万円くらいは入金した方がいいと思っています。できれば、私のように10万円くらい。お金に余裕がある人はもうちょっと。(私はマンションを購入して頭金の支払いがあったので10万円しか用意できませんでした)

FXでは手元の資金量に余裕があればあるほど、強制ロスカットにかかってしまう確率を減らすことができるので、少ないより多い方が心に余裕を持って取り組めます。

ただし、XMの場合、200万円以上を入金するとレバレッジが最大888倍から200倍になってしまうので、200万円以下の入金をオススメします。

また、1万円しか用意できなくても、0.01ロットでトレードをすれば十分に楽しめます。

振込(入金)前の注意点(3)
1回の最大送金額は1000万円まで

1回の最大送金額は1000万円までです。

しかし、1000万円は個人的には多すぎるような気がします。

1000万円も余裕資金があるなら、レバレッジが高い海外FXには100万円くらい入金しておいて、残りの900万円は他で運用した方がいいような気がしますが・・・。

50〜100ロットなどの大ロットでエントリーする人は1000万円くらいの入金が必要なのでしょうか?私にはよく分からない世界です。。

ちなみに、先述した通りXM(エックスエム)は200万円以上の入金額になるとレバレッジが最大200倍までとなります。

そのため、888倍などの大きなレバレッジでトレードしたい人は200万円以下の入金額にする必要があります。

入金額とレバレッジを掛けて計算してみれば分かりますが、100万円入金してレバレッジ888倍ですと8億8800万円の元本になるので十分すぎると思います。(100万円 × 888倍 = 8億8800万円)

1000万円入金してレバレッジ200倍なら元本20億円です。。私には全く実感が沸かない数字です。。

振込(入金)前の注意点(4)
振込後1時間以内に口座に入金が反映

問題がなければ、振込してから1時間以内にXM(エックスエム)の口座に入金が反映されます。

おそらく、XM(エックスエム)が建て替えて入金しているのだと思われます。

XM(エックスエム)は入金も出金も反映が非常に早いです。

海外の業者というと、ちょっと怪しいイメージを持っている人もいるかもしれませんが、XM(エックスエム)に関してはそれはないです。

老舗になるには長い期間をかけて顧客と誠実に向き合う必要があります。

ちょっとでも不正をしたり、信頼を損なうようなことをしたら、すぐに顧客からそっぽを向かれます。

XM(エックスエム)は海外FX業者の中では老舗的な存在です。

私も2016年から利用していますが、入金・出金のスピードが早いですし、日本語サポートもしっかりしているので、すごく安心して利用できています。

では、次に実際に指定先口座へ振込して、XMの口座に入金されるまでの手順を紹介します。

指定先口座へ振込

私は住信SBIネット銀行をメインに使っています。

「振込依頼人名」は「ローマ字表記の名前+口座番号(ID)」を入力します。

たとえば、あなたの名前が「佐藤紀美」で口座番号(ID)が「20066559」なら「Miki Sato 20066559」と入力します。

振込先口座はXMの指定の通り「三井住友銀行」の「京橋支店」を選び、「普通」を選択し、口座番号を入力。

「振込金額」は10万円です。

確認画面です。アジアマイルという会社がXMとの間を取り持っているようです。

振込完了しました。

日時は「2019年7月30日 11:32」になっています。

この後すぐに、住信SBIネット銀行から「振込受付のお知らせ」というメールが届きました。

日時は先程と同じ「7月30日 11:32」です。

そして、その16分後にXM(エックスエム)から「入金処理が成功しました」というメールが届きました。びっくりするほどの早さです。

「振込後1時間以内に口座に入金が反映」ということでしたが、1時間もかかりません。15分くらいです。

つまり、入金作業をして15分後にはMT4にログインしてトレードできるということです。

では、MT4にログインする前に、XM(エックスエム)の会員ページに再度ログインして、ボーナスクレジットがどれくらい付いたのか確認しましょう。

入金後に受け取ったボーナスクレジットを確認

会員ページにログインしました。

「残高」は「JPY 100,000.00(10万円)」となっているので、住信SBIネット銀行から振込した10万円がXM(エックスエム)の口座に入金されたということです。

さらに、入金前は0円だった「クレジット」に「63,509円」が入っています。これが入金すると受け取れるボーナスクレジットです。

その結果、「有効証拠金」が「163,509円」になっています。

これは「入金した10万円」と「入金に対するボーナスクレジット63,509円」の合計額です。

ボーナスクレジットは日本のFX業者にはないサービスです。

ボーナスクレジットは引き出すことはできませんが、以下のようなメリットががあります。

ボーナスクレジットのメリット
  • 仮に、入金額全て(今回の場合なら10万円)を全て溶かしてしまっても、クレジットを使ってFXトレードを継続できる。
  • クレジットの分だけ手元資金が厚くなるので、強制ロスカットにかかりずらくなる。

特に、1番目のメリットが大きいと感じてます。

仮に、私が入金した10万円を全て溶かしてしまっても、「クレジット」の「63,509円」を使ってトレードが続行可能です。

レバレッジ888倍のXMなら、「63,509円」あれば0.1ロットでそれなりの取引が可能です。

なんとか挽回して、溶かしてしまった10万円を取り戻すだけでなく、さらに稼ぐことも可能です。

「有効証拠金」がある限り、戦うことはできるのですから、可能性は閉ざされていません。

日本のFX業者なら入金額を全て溶かしてしまったら、そこがゲームオーバーです。さらに、追証(足りない分の追加の入金)を要求されることもあります。海外FXでは追証はありません。

私の場合、10万円を入金して「63,509円」のボーナスクレジットを受け取りましたが、この額の計算方法やボーナスクレジットに関するさらなる詳しい説明は以下の記事に書いてます。

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

XM(エックスエム)の入金方法に関しては以上ですが、まとめると以下の2点で話は終わります。

XMの入金方法まとめ
  • 指定された三井住友銀行に振込(入金額が1万円以上なら送金手数料0円、200万以上だとレバレッジが最大888倍から200倍に縮小)
  • 振込後、15分ほどたってからXMの口座に入金が反映される

XM(エックスエム)の口座開設ページ »

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。

XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下に記事で触れています。(意外と盲点です)

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)の口座開設をしたい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

現在、私はマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいのでXM(エックスエム)に10万円だけ入金してトレード技術を磨いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です