2018年11月のFX月間収支は+51,297円、しかし17,733円の含み損を抱えたまま、SELLのマイナススワップが精神的に応えます。。

Pocket
LINEで送る

11月はちょっとバタバタすることが多く、10月ほどエントリーはしませんでした。

11月も今まで同様に、ロットは0.3でトレードしました。

来年から0.4〜0.5ロットあたりにロットを増やそうかと考えなくもないのですが、まだ損切りがちゃんとできないので、もうちょっと0.3ロットで練習し続けた方が良さそうな気がしています。

11月もプラスで終えることができましたが、最終週にSELLで入ったエントリーが大きな含み損を抱えているので、あまり喜べません。

今振り返ると、「あの時、損切りしておけばよかった・・・」と思うのですが、それは単なるタラレバです。。

大きな含み損を抱えると、その後に精神的にエントリーができなくなって、エントリー数が減って、トレードが上達しないのでよくないですね。

損失を確定してはいませんが、様々なものを失っているように感じます。

ロスカットを迷わずできるようになった時が、ロットを上げる時なのかもしれません。

2018年11月のドル円為替レート

私が利用している「Oanda Japan(オアンダジャパン)」のドル円4時間足のチャートです。

11月は半ばに向けてドル円は上昇し、一時、114円台に達しましたが、1ドル114円台の滞空時間は相変わらず短く、その後は1ドル112.30円まで下落しました。

しかし、その後、再度上昇し、一瞬だけ114円台に乗りました。

私のこの上昇の途中で、1ドル113円でSELLでエントリーしてしまい、未だにそのエントリーを含み損を抱えながら、毎日マイナスなスワップポイントを払いながら保有中です・・・。

月の後半はFRBのパウエル議長の発言を受けたりもしました。

FRBパウエル議長の「金利は中立水準からわずかに低い」との発言を受け、株高・ドル安に、トランプ大統領のプレッシャーの影響か?

2018年11月29日

最後の4時間で大きく下落していますが、これは現在行われているG20で米中首脳会談がどうなるのか分からないので、週末のポジション保有を避けた売りが出たのだと思われます。

明日は米中首脳会談が行われますが、この結果次第では来週は月曜日からドル円が大きく動く可能性があります。

SELLで含み損を抱えている私としては、これ以上、上昇したら困るのですが、その時は覚悟を決めて損切りしようと思っています。

BUYの場合、含み損を抱えていたとしても、毎日スワップポイントが入ってくるので耐えきれるのですが、SELLの場合は自分が払う方なので、精神的にすごく応えます。。

私はSELLで含み損を抱えたまま数日保有するのが初めてなので、慣れていないということもあるかもしれません。

ドル円の日足チャートです。

今年3月を底にドル円は上昇傾向にあります。

ただ、114.5円という今まで何度も跳ね返されたところから見ると、三角保ち合いのような状態となっています。

通常、年末はドル円が上昇する傾向にありますが、今年はどう動くでしょうか?

年間の為替動向、年間通して為替が動く月別の傾向・トレンド

2018年9月13日

2018年11月のFX収支

2018年11月は上記のように51,297円プラスで終えることができました。

損失を出したのは3回です。

今年はここまでで230,237円のプラスとなります。

12月はクリスマス頃から年末まで、欧米の投資家がクリスマス休暇に入って、為替があまり動かなくなるので、12/21(金)くらいまでがトレード日和になりそうな感じです。

ただ、FXの場合、株と違って大納会や大発会もなく、基本的に土日以外は年末年始もトレードできます。

来年はゴールデンウィークが10連休となりますが、FXは関係なくトレードできます。

こういったところは、FXのいいところなのかもしれません。

12月はこの含み損エントリーを抱えながらのスタートとなります。

現在、1万7000円ほどの含み損を抱えています。

毎日、300円ちょっとのスワップポイントを払っています。

来週月曜日に損切りしてから、気持ちを新たにスタートした方がいいかもしれません。

とりあえず、12月もがんばります。できれば、年間プラス30万円を達成できたらいいですが・・・。

私が使っているFX業者について

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)⬇」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

⬆詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。⬇

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です