2019年12月のFX月間収支は+5,519円(前月比+11.01%)、年末にフラッシュ・クラッシュを警戒したような円高に

Pocket
LINEで送る

12月も11月同様にバタバタしてしまい、あまりトレードできませんでしたが、なんとか5,519円のプラスで終えることができました。

最後のトレードが12月20日で、その後はただチャートをたまに眺めるくらいで終わってしまいました。

本当なら12月に1万5000円以上プラスにして、年間収支もプラスにしたかったのですが、2019年は残念ながら1万円ほどのマイナスで終わってしまいました。

2019年12月のFX月間収支

2019年12月は+5,519円で終えました。

年末年始FX取引スケジュールに書きましたが、12月24日頃から外国人投資家はクリスマス休暇に入ってしまうため、クリスマス前後から一気に流動性が低くなります。

そのため、私のFXトレードも12月20日(金)で終えてしまいました。

前月比パフォーマンス
  • 月初残高:50,117円
  • 月末残高:55,636円(+5,519円)
  • → (55,636 ÷ 50,117)-1 = +0.1101…
  • 前月比:+11.01%

2019年12月のドル円為替レート

ドル円4時間足ですが、2019年12月のドル円は上は109.7円、下は108.4円の値動きでした。

1ドル109円をはさんで上下60ピップスくらいの値動きです。

最近のドル円は米中貿易協議関連のニュースで上下に反応するだけで、それ以外だとほとんど動かないという通貨ペアになっています。

値動きがなさすぎて、FXで利益を出しづらい状況が続いています。

そして、それは年間を通しての傾向にもなっています。

というわけで、2020年はドル円以外の通貨ペアもトレードしようと考えています。

また、私が利用しているXM(エックスエム)では、米ダウやS&P500、日経平均株価といった株価指数があったり、金(ゴールド)や石油といったコモディティもトレードできるので、通貨だけでなく他の投資対象にも挑戦しようかと考えています。

年末の大納会あとからフラッシュ・クラッシュ対策のドル売りが出たか?

2019年の大納会(株式市場の年間最後の日)は12月30日(月)でしたが、大納会の朝からドル円が急に売られ始めました。

30〜31日の2日間でドル円は1円ほど下落しています。

ふと約1年前である、2019年1月3日のフラッシュ・クラッシュを思い出してしまいました。

2019年の為替市場は1月3日からフラッシュクラッシュで大幅な円高に、ドル円は104円台まで急落、強制ロスカットされた人が多いのでは?

2019年1月3日

多くのFX投資家には、1年前のフラッシュ・クラッシュの記憶が残っているので、事前にポジションを外すような動きが出た可能性があります。

本日(1月1日)は元旦なのでFX市場は休場ですが、明日の1月2日(木)から為替市場は早くも動き出します。

年明けに去年のようなフラッシュ・クラッシュが起きても巻き込まれないように、多くの投資家が事前にドル円BUYポジションを外したのではないでしょうか?

つまり、フラッシュ・クラッシュを警戒したゆえの円高です。

12月31日の米国市場の株価を確認すると、3指数共にプラスで引けているので、リスクオフに転じたようには見えません。

もし、2020年1週目にフラッシュ・クラッシュが起こらなければ(私は起こらないと思っていますが)、1月6日(月)の大発会(株式市場の年間最初の日)から、ドル円は巻き戻して上昇するような気がします。

ドル円上昇、日経平均株価も上昇で、いい雰囲気でオリンピックイヤーが始まってくれればいいのですが、どうなることでしょう・・・。

1年前のフラッシュ・クラッシュは1週目の木曜日だったので、明日(=1週目の木曜日)は朝イチで為替レートをチェックしてしまいそうです・・・。

ちなみに、日本の株式市場は1月6日(月)から始まりますが、米国市場は明日の1月2日(木)から早くも始まります。

日本人はクリスマスは仕事で年末年始にゆっくり休みますが、欧米人はクリスマスに休暇をとって年末年始はあまり休まない傾向があります。

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。

XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下に記事で触れています。(意外と盲点です)

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)の口座開設をしたい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

現在、私はマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいのでXM(エックスエム)に10万円だけ入金してトレード技術を磨いています。