FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

Pocket
LINEで送る

私がFX取引で利用しているXM(エックスエム)や、過去に利用していたOANDA Japan(オアンダ・ジャパン)では、取引ツールにMT4(MetaTrader4 / メタトレーダー4)を採用しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

Oanda Japan(オアンダジャパン)でMT4(MetaTrader4)を使うにはサブアカウント(NYサーバー/東京サーバー)を作る必要がある。

2018年10月4日

日本ではメジャーなFX会社が取り扱っていないため、知らない人は知らない取引ツールかもしれませんが、世界では「FXの取引ツールと言えばMT4(エムティフォー)」というくらいスタンダード(世界標準)になっているツールです。

人によっては「MT4じゃないとFXでは勝てない」と言う人もいるくらいです。

私もMT4以外の取引ツールでFXをやろうとは思いません。

最近ではMT5という最新版も出ていますが、まだ対応している証券会社が少なく、利用者も少ないため、2019年時点でもMT4を使っておけば問題ありません。

投資の世界は「美人投票(自分がどう思うかではなく皆がどう思うか)」なので、皆が使っているツールを使った方がいいです。

今回は口座開設後の「MT4のダウンロード」「MT4の立ち上げ」「MT4のログイン」の手順について説明したいと思います。

MT4のダウンロード

XM(エックスエム)口座開設申請が終わったら、パソコンやスマホ、タブレットなど自分が利用している端末にMT4をダウンロードします。

https://www.xmtrading.com/jp/platforms

上記のページにてMT4のダウンロードができます。

パソコン、スマホ、タブレットにダウンロード可能です。

パソコンはWindows版とMac版があります。

私はどちらも使ったことがありますが、Mac版は動作がモサッとしていて実用レベルではないと感じました。

株にせよFXにせよ、投資の世界ではWindowsがスタンダードですし、今後もそれが変わることはないと思われます。

ただし、同じApple製品のiPhoneやiPadではMT4がサクサクと動きます。

ただ、FXトレードを本格的に行うなら、やはり大きな画面でチャートを見ることができるWindowsのデスクトップ環境を用意したいところです。

そのため、ここでは「PC対応MT4」をダウンロードします。

「ダウンロード」をクリック。

ダウンロードが完了したら、ブラウザの左下の「xmtrading4setup.exe」をクリック。

「次へ」をクリックしてセットアップを行います。これは最初の1回限りの作業になります。

MT4のセットアップが開始されました。

ピンクの文字は私が書いたものです。

MT4のセットアップが完了しました。10秒くらいで終わります。

イラストの人物たちが笑顔で「おめでとう!」と歓迎してくれていますが、FXで利益を出し続けるのは簡単なことではありません・・・。

でも、挑戦しなくては何も変わらないのも事実です。

MT4の立ち上げ

MT4をダウンロードすると、デスクトップ上にアイコンが表示されるかもしれませんが、以下のようにアプリケーション本体は「Program Files (x86)」の中にインストールされています。(私のパソコンOSは「Windows 10 HOME」です)

上記のように「PC > OS > Program Files(x86) > XMTrading MT4」とたどることが可能です。

私の場合、2画面表示するためにすでに2つのMT4(XMTrading MT4_1とXMTrading MT4_2)をインストールしていて、今回ダウンロードしたことで3つのMT4がダウンロードされています。

XM(エックスエム)の場合、インストール後に手動でフォルダ名やファイル名を変えれば、複数のMT4を1つのパソコン内にインストールでき、複数のディスプレイに表示可能です。

私の場合は2画面ですが、ディスプレイ4画面でFXトレードをやっている人なら、MT4を名前を変えて4つインストールして、4つの画面で同じIDでログインしてトレードを行うことも可能です。

「XMTrading MT4」の中の「terminal.exe」をクリックするとMT4が立ち上がります。

私はいつでも立ち上げやすいようにツールバーやスタート画面にアイコンを表示させています。

「terminal.exe」を右クリックして、「スタートメニューにピン留めする」「タスクバーにピン留めする」「ショートカットの作成」を選択すれば、いつでもMT4を立ち上げやすくなります。

MT4のログイン

MT4にログインするには、取引サーバーを選んで、ログインIDとパスワードを入力する必要があります。

  • 取引サーバー
  • ログインID(MT4のID)
  • パスワード

一番最初だけ上記3つを入力する必要があるということです。2回目以降はMT4を終了させてもログアウトしない限り尋ねられることはありません。

MT4を初めて立ち上げると、上記のような画面が出ます。

真ん中にあるのが取引サーバーです。小さくて分かりづらいので拡大します。

初回の立ち上げのみ、最初に取引サーバーを選択する必要があります。

リアル口座を開設してもデモ口座のサーバーも出てくるので注意が必要です。

自分の取引サーバーが分からない場合は、口座開設時に受け取るメールに書いています。

このメールに「MT4のID」と「取引サーバー」が書いています。「パスワード」は口座開設時に自分で決めたものです。

取引サーバーを選択すると上記のような画面が表示されるので、「既存のアカウント」にチェックを入れて「MT4のID」と「パスワード」を入力して「完了」ボタンをクリック。

これでMT4にログインでき、FXトレードを開始する準備が整いました。

ただし、いきなりトレードをするのではなく、まずはMT4でチャートを見やすいようにカスタマイズしてからエントリーすることをおすすめします。

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。

XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下に記事で触れています。(意外と盲点です)

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)の口座開設をしたい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

現在、私はマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいのでXM(エックスエム)に10万円だけ入金してトレード技術を磨いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です