2020年5月のFX月間収支は+9,100円(前月比+3.44%)、ボラティリティーの高まりが短期トレードでは大きな富を生む

Pocket
LINEで送る

日本はやっと緊急事態宣言が解除され、街に人が戻ってきました。

新型コロナは第二波のリスクが存在していますので、デパートなどではマスクがないと入れないところもあるようです。

マスクだけでなく指先消毒、体温計測、店員のフェイスシールドとコロナ前にはなかった常識が存在し、コロナ前後ではだいぶルールが変わったなと感じる日々です。

いずれ元に戻るのか、これがこれからのスタンダードになるのか分かりませんが、久しぶりに外食ができて自粛生活にはない喜びを感じています。

2020年5月のFX月間収支

5月は途中で他の仕事が忙しくなってしまい、8エントリーしかできませんでした。

9,100円のプラスで終えました。

6月はもっと積極的にエントリーしたいと思っていますが、無理してエントリーするとたいてい間違えるので、他の仕事とのバランスととりながら、できる限りエントリーしたいと考えています。

前月比パフォーマンス
  • 月初残高:264,373円
  • 月末残高:273,473円(+9,100円)
  • → (273,473 ÷ 264,373)-1 = +0.0344…
  • 前月比:+3.44%

2020年5月のドル円、JP225Cash、US30Cashのチャート

今月からドル円のチャートだけでなく、JP225Cash(日経平均株価)とUS30Cash(NYダウ)のチャートも掲載します。

ドル円は米国と日本の通貨ペアなので、日米の代表的な株価指数も確認し、チャンスがあれば今後は日米の株価指数でも利益をあげていきたいと考えています。

ドル円4時間足です。

1ドル108円が上値抵抗線となっています。

最終日の最後から2本目の4時間足で大きな大陽線がありますが、これほどの大陽線は4/2以来です。

ちなみに、4/2の大陽線の後は上昇しています。

来週もこのまま上昇していけば、1ドル108円の壁をぶち抜き、均衡が崩れるかもしれません。

話は変わりますが、5月半ばにブルームバーグに興味深い記事がありました。

為替トレーディング収入、6870億円と10年で最高-上位12行の1-3月 – Bloomberg(2020年5月15日)

世界の主要行の今年1-3月(第1四半期)為替トレーディング収入が過去10年で最高となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う市場のボラティリティーの高まりが背景にある。
コーリション・デベロップメントによれば、グローバル投資銀行上位12行の為替トレーディング収入は前年同期比61%急増し、64億ドル(約6870億円)に達した。

コーリションのリサーチディレクター、アムリト・シャハニ氏は13日のインタビューで、市場とバランスポートフォリオ、ヘッジポジションへの思惑から投機的売買に顧客が殺到する状況で、思いがけない収入が実現したと指摘。「長い間経験しなかったボラティリティーの高まりが見られた」と語った。

1〜3月の為替トレーディング収入が過去10年で最高というニュースですが、ほとんどが3月なのではないでしょうか。というのも、3月の為替が一番ボラティリティ(変動幅)が高かったからです。

私も3月は久しぶりにたくさんトレードし、いつも以上のパフォーマンスを出すことができました。

2020年は株式投資よりFXに優位性?ドル円為替レートのボラティリティ(値幅)が大きくなりFXで稼ぎやすい相場環境に、不況期は新しいお金持ちが生まれるチャンス

2020年3月15日

2020年3月のFX月間収支は+65,461円(前月比+41.1%)、コロナショックでドル円の値幅は2週間で10.55円と過去2年を上回る

2020年4月1日

ドル円に関しては、4月に入ってから平常通りのボラティリティの低い状態に戻ってしまったので、私のトレード回数も減ってしまいましたが、ボラティリティーの高まりが短期トレードでは大きな富を生むというのは、私も実感として感じています。

JP225Cash(日経平均株価)は実態経済を無視したような強さがあります。

直近高値と安値のフィボナッチは76.4まで戻しています。

先週は22,000円にタッチしましたが、チャートを見る限り来週も引き続き上昇していきそうに見えます。

二番底を予想してショート(SELL)するのはちょっと怖いフェーズになったきたように感じますが、どうなるでしょうか?

US30Cash(NYダウ)も右肩上がりで25,000ドルに乗りました。

直近高値と安値のフィボナッチは61.8を超えて戻しています。

JP225Cash(日経平均株価)とUS30Cahs(NYダウ)では、戻しの勢いはJP225Cash(日経平均株価)の方が強くなっています。

日米ともに中央銀行が過去最高の量的緩和を行ったことで、資産インフレのような状態が起こり始めているのかもしれません。

株価だけでなく不動産価格の変動にも注目しています。

あとは、ここから倒産がどれだけ出てくるかですね。連鎖倒産が起こると銀行の財務状況が悪くなり、信用収縮が起こり、金融危機に発展します。

上場企業ではレナウンが倒産しましたが、上場・非上場ともに、ここまでの倒産は元々、財務状況があまり良くなかった企業群です。コロナがとどめを刺しただけで、遅かれ早かれ倒産していた可能性が高い企業です。

しかし、ここからの倒産はコロナショックが起こらなければ倒産しなくて済んだ企業です。

第二波の危険性はありますが、経済を元に戻すことにも重点を置かないと「コロナショックからの金融危機」という最悪の展開に進み、倒産する企業や失業者がさらに増えてしまいます。

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが(私は300万円入金していました)、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

つまり、レバレッジが大きい方が拘束される資金(=口座に入金する資金)も少なくて済むということです。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。いま現在、手元に現金がなくてもクレジットカード入金も可能です。

さらに、XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの高性能な取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

いま手元にお金がない人でもクレジットカード入金でFX取引ができるXM、即入金ですぐに為替トレード可能。入金額10万円でも8880万円分までの外貨取引が可能に

2020年3月17日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下の記事で触れています。(意外と盲点ですし、知らないと最悪、資金を溶かすことになります。)

「海外FX証券=ハイレバ=危険」ではない理由、ハイレバレッジで小ロットなら逆に強制ロスカットされにくくなり安全、拘束される資金も少なく済む、けっこう皆さん勘違いされていますがFXを始める前に知るべきことです。

2020年4月8日

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)でFX取引したい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で口座開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

口座開設に1〜2日、入金は銀行振込でもクレジットカード入金でも数分で完了するので、最短で2日後にはトレード開始できます。

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

2019年にマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいので、XM(エックスエム)に20万円だけ入金してトレード技術を磨いています。

寝ている間に為替レートが大きく動いて、仮に強制ロスカットされたとしても20万円の損失で済むので、心のゆとりを持ちながらトレードと向き合えています。