2018年12月のFX月間収支は-24,963円、さらに-21万円超の含み損を抱える、、12月は毎年失敗します。。

Pocket
LINEで送る

2018年12月は2つの大きな失敗で終わってしまい、利益を出すことは1度もできずに終わってしまいました・・・。

まず、SELLエントリーで-24,963円の損失を出してしまいました。

思い込みは銭失い、、米中首脳会談でドル円は上昇と思い込み、SELLエントリーを損切り(-24,693円)後にBUYエントリーでまた含み損・・・

2018年12月5日

私はBUYエントリーが多い傾向があったので、BUYで含み損を抱えることには慣れていたのですが、SELLで含み損を抱えることに慣れていませんでした。

ドル円の場合、BUYなら含み損を抱えていても毎日スワップポイントが入ってきますが、SELLだと逆に毎日マイナスのスワップポイントが引かれます。

つまり、含み損とマイナスのスワップポイントの2つのマイナスになってしまいます。

この状況にジワジワと精神的に追い込まれてしまい、「2つのマイナスから早く開放されたい」という気持ちから早すぎる損切りをしてしまいました。

もう少し待っていればプラスで終えることができたのですが・・・。といっても、後から振り返れば何とでも言えるので、完全なるタラレバですが・・・。

この最初の失敗で終えればよかったのですが、私はこの-24,963円の損失を取り戻そうというダメなマインドに陥ってしまい、損切り後にすぐに反対売買であるBUYをしてしまいました。

しかし、私がBUYしたところがドル円の頂点となり、その後は大きく急落(ドル安円高)していきました。

昨日はとうとう1ドル110円を割ってしまい、含み損は21万超まで膨らんでしまいました。。

ここまで含み損が膨らんだ理由ですが、「BUYなら毎日スワップポイントが入ってくるから」ということがありました。

ただ、これはダメなマインドですね。。結局、どんなにスワップポイントが入ってきても、それ以上に含み損が増えてしまったら意味がありませんから。

このあたりのマインドの解決は2019年の課題にしたいと思います。

2018年12月のドル円為替レート

「12月は円安になりやすい」という傾向にとらわれてしまい、月の最高値付近でBUYしてしまいました。

そして、損切りできずに、ジワジワと増え続ける含み損という展開です。

12月を振り返ると、12/13のパウエル議長の記者会見、12/19のFOMC後に円高が進みました。

やはり、FRBがらみの動向は為替に与える影響が大きいようです。

また、FOMC後はドル円が大きく円高方面に動くことが多いように思います。

昨日は年末の薄商いの中、久しぶりにドル円が1ドル110円を割りました。

ヨーロッパタイムから投機筋が1ドル110円の下にあるストップロス狙いに動いたように見えましたが、1/2〜1/3も薄商いになると思うので、投機筋が下に攻めてくるかもしれません。

2018年12月のFX収支

12月はマイナスのスワップポイントとキャピタルロスで、合計で-24,963円の損失となりました。

現在の含み損は217,095円です。久しぶりの大きな含み損となります。

この含み損をどうするか現在考えています。

年始の段階で思い切って損切りして、真っ白にしてから2019年を始めるか。

それとも、しばらくスワップポイントを受け取りながら様子を見るか。

これは今日、これから考えたいと思います。

それにしても、12月は去年も大きな含み損を抱える初月となりましたが、その前の年も損失を出し、毎年失敗しています。。

2017年12月のFXトレード月間収支は64,857円プラス、またBUYで5万近い含み損を抱える・・・

2017年12月31日

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です