2017年6月のFXトレード月間収支は14,625円プラス、含み損が解消されないので早くドル高円安になって欲しい・・・

Pocket
LINEで送る

6月も5月同様にほとんどトレードはしませんでした。

ただ、エントリーしないだけ、チャートは毎日のように見ています。

6月はOANDAで3回エントリーして、「5,220」「4,200」「2,490」と利食い、あとはスワップ金利がついて、合計14,625円の収益となりました。

XMの方は相変わらず、過去の4エントリーは塩漬け状態ですが、109.438でBUYエントリーしたものが88,620円の含み益が出ています。

ここままドル高円安方向に行って、1ドル120円くらいをつけて欲しいと思っていますが、来週からどうなるでしょうか?

今の米政権はトランプリスクがあるので、どうしても米ドルを積極的に買われません。

さらに、利上げしても、10年債利回りもいまいち上がりません。

ただ、先週くらいから少しずつドル高円安になりつつあるので、来週もこのまま上へ行く可能性の方が高いと個人的には思っています。

XMがプラスになったら、一旦5銘柄を全て決算してスクエアにしてしまうか?それとも、1ドル115円以上になるのを待つか?

ここで悩んでいます。

ただ、私の思惑とは違い、来週以降からドル安円高方面に行く可能性も当然あるので、こればかりは祈るのみ・・・という感じですが。。

あと、気になるのがXMのスワップ金利がマイナスになっていることですね。

いつの時から、XMのドル円のBUYのスワップ金利がマイナスになりました。

以前は多少ですが、プラスだったのですが、

OANDAは相変わらず1エントリーに付き、1日70円ほどのスワップ金利が付きます。

XM(海外証券)とOANDA(日本証券)の両方を使ってみて思ったことですが、日本に住んでいるなら海外証券を使う理由はほぼないですね。。

海外証券で100万利益が出ても、雑所得扱いなので、総合課税にプラスされて累進課税の税率が上がるだけです。

さらに、XMはOANDAに比べてスワップ金利がほとんど付きません

スプレットもXMは広いですから。。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です