2018年4月のFXトレード月間収支は10,098円プラス、含み損は-35万円。今月も一度もエントリーせずスワップ金利をもらうだけ。

Pocket
LINEで送る

4月も結局、一度もエントリーせず、日々スワップ金利を受け取るだけの毎日でした。。

ただ、4月はドル円が1ドル105.6円から109.5円まで約4円も上昇(=ドル高円安)したので、含み損は35万円ほどまで減りました。

1ドル104円台まで下落した時の含み損は75万円ほどだった記憶がありますが、あの時は「このまま1ドル100円割れしたらどうしよう・・・」と日々ビビっていました。

5月はどんな動きをするのか分かりませんが、まずは1ドル110円の壁を超えられるかどうかですね。

一瞬超えたとしても、その後、巻き戻しでまたドル安円高が再開する可能性もあるので、私の含み損はいつ解消されるのでしょう・・・?

証拠金維持率のことを考えると、これ以上エントリーを増やすのは怖いので、5月も一度もエントリーせずに、スワップ金利をもらうだけの毎日で終わりそうな気がしています・・・。

2018年4月のドル円(4時間足)

4月は後半から上昇が加速しています。

去年は4月中旬は108円台でしたが、4月後半から上昇が加速し、GW明けには114円台まで上昇しました。

今年はこの後、どうなるのでしょうか?

私は113円前後でBUYしているので、114円まで上昇してくれたら、私のエントリーも解消できるのですが。

2018年4月の収支と含み損

現在の含み損です。約35万円ほどになっています。

今月は米朝首脳会談が行われる予定ですが、トランプ大統領と金正恩が笑顔で並んだ写真が世界に公開されたら、ドル円も上昇してくれるのではないかと期待しています。

4月に受け取ったドル円のスワップ金利です。前半は1日330円台でしたが、後半は日米金利差が拡大し、340円台に上昇しています。

4月は米10年債利回りが一時3%に乗りましたが、6月の利上げ後に3%台が定着したら、さらに1日のスワップ金利は増えるのではないでしょうか?

仮に、1日のスワップ金利が350円になったら、30日間で受け取れるスワップ金利の合計額は10,500円、365日だと127,750円になります。

私はOanda Japan(オアンダジャパン)の口座に300万円を入金しているので、年利だと4.258%になります。

127,750(年間スワップ金利) ÷ 3,000,000(入金額) × 100 = 4.25833…

現在の銀行の普通預金の金利は0.001%なので、4258倍の金利ということになります。

といっても、私のように大きな含み損を抱えるリスクもありますし、仮にドル円が1ドル80円まで下落してしまったら、新たに入金しない限り「強制ロスカット」も起こるでしょうから、銀行の普通預金に比べると大きなリスクを抱えることになりますが。

ちなみに、Oanda Japan(オアンダジャパン)海外証券のXMの場合の強制ロスカットが起こる為替レートの計算の仕方は以下の記事に書いています。

FXロスカットレートの計算方法、強制ロスカットされる為替レートを知る方法 

2017年3月31日

まずは、自分の入金額とロット数を把握し、どこまで動いたら強制ロスカットが起こってしまうのか知ることはすごく重要です。

ドル円の場合、BUYだったらスワップ金利がプラスになるので、スワップ金利を受け取りながら為替レートが戻るのを待つことができます。(本来なら自分でロスカットできないとダメなのですが・・・)

ドル円のSELLの場合は、スワップ金利がマイナスになるので、毎日お金が減っていきますが、FXで結果を出している人はSELLで利益を稼げいる人が多いようにも思います。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です