2018年8月のFX月間収支は+15,301円、含み損は21万円に拡大

Pocket
LINEで送る

7月はやっと含み損が減ったと思ったのですが、8月はまた元に戻ったような感じになってしまいました。

トランプ大統領がドル高になるのを嫌がっているので、なかなかドル円は上昇しません。

アメリカでは9月12日に中間選挙の予備選が終了し、11月6日に中間選挙が行われます。

それまではさらなる円安は難しいのかもしれません。

10年債の利回りも米国が2.8%台で日本が0.1%台と日米の利回り差は縮小傾向にあります。

ただ、アメリカはレイバーデイ(9/3祝日)の翌日の9/4(火)から新学期が始まるので、そろそろ大きな動きが出てくる可能性もあります。

9月は「○○ショック」のような暴落相場が起こりやすい傾向がありますが、もし起こってしまったら安全資産としての円は買われて円高になる可能性が高いので、起こらないことを祈るばかりです・・・。

2018年8月のドル円(4時間足)

私がFXトレードしているOanda Japan(オアンダジャパン)のドル円4時間足のチャートです。

8月は1日に付けた112.15円と21日に付けた109.77円のレンジで動いていました。

週足チャートを見ると、2016年末から続いていた抵抗線を先月上抜いた(赤丸)ので、上昇局面に入ると思ったのですが、いまいち上昇しない傾向が続いています。

2018年8月の収支と含み損益

BUY4エントリーの合計含み損は217,130円です。

早くこの含み損から開放されたいのですが、人生、そんなうまくいきません。。

損切りできなかったことを後悔する毎日です。。

毎日入ってくるスワップ金利の合計額は15,301円でした。

このスワップ金利が唯一の救いです。

ただ、7月はスワップ金利が500円を超える日もありましたが、8月は500円以下ばかりでした。

おそらく、日本の10年債利回りが少し上昇して、日米金利差が縮まったからだと思われます。

いい加減、チャートを見るだけの日々も飽きてきたので、少し上昇したら、損切りするのもありかもしれないと思っています。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です