2017年2月のFXトレード月間収支は28,314円のプラス

Pocket
LINEで送る

2月は久しぶりにプラスで終えることができました。

28,314円のプラスです。

今年1月は46,751円のマイナスからのスタートだったので、少しホッとしています。

でも、2月半ばからスイング的に保有しているエントリーが4エントリーあって、その含み損が一時は13万円ほどになりました。

しかし、要人発言で3月利上げに対するタカ派が多かったので、ドル円は上昇し、3月3日のイエレン発言前には最高で8万円ほどの含み益に反転しました。

私は115円前後で利食いしようと考えていたため、利食いラインまでは届かず。

イエレン発言後は、「Buy the roomer,Sell the fact.(噂で買って、事実で売る。)」でドル円は売られ、下落。

現在の4エントリーの含み益は15000円ほどに減っています。

今週は10日(金)に雇用統計あり、来週は15日にFOMCがあります。

スイング4エントリーはFOMC前後まで保有しようかと考えています。

3月の課題

  • 常に逆にポジションを保有することも考える
  • 標準ロットを0.2から0.3に上げる
  • メインの証券会社を海外証券の「XM」から日本証券の「OANDA Japan」に変更する

私は視野が狭いのか、全体像をしっかり抑えながら対局で考えることが苦手なようです。。

1度Buyを保有すると、その後はBuyしか考えられなくなります。

しかし、相場というのは、常に自分とは逆のポジションを保有している投資家がいます。

ということは、私自身も逆のポジションで利食いする可能性を考えるべきです。

つまり、私は近視眼的になってしまい、自分の今の状況を正当化する傾向があるということです。

その正当化が当たればいいですが、外れればマイナスになってしまいます。

たとえば、3月3日(金)深夜3時のイエレン発言後なんてまさに近視眼的でした。。

私はBuyでスイング的に4エントリーを保有していて、115円前後で利食おうと考えていました。

しかし、イエレン発言の深夜3時に114.73とつけ、そこを天井に下げていきました。

私は4エントリーを115前後で利食おうと考えていたので、上に行くことばかり考えていました。

しかし、私の希望とは反対に利益確定の売りに押される一方。

ここで、柔軟に考えてSellで捕りに行けていれば、このSELLエントリーだけでも利益を出せていたのに・・・。そんなことを週末に考えては反省していました。。

3月は常に反対側の可能性にも視点を移すことに取り組んでいきたいと思います。

メイン証券会社をOANDA Japanに変更しました。

3月からメインで使う証券会社を「OANDA Japan」に変更しました。

理由は「FXトレードでMT4が使える国内証券会社と海外証券の最大のデメリット」に書いた通りです。

とにかく、日本在住者にとって海外証券を使うメリットよりもデメリットの方が大きいと思います。

すでに3月から「OANDA Japan」を使っていますが、取引ツールで「MT4」が使えるので、「XM」となんら使い勝手は変わりません。

それどころか、スプレッドが圧倒的に低いですし、トレーリングストップも15ポイントから入れられます。

イフダン注文も「XM」は40ポイント離す必要がありますが、「OANDA Japan」は15ポイントまで近づけられます。

XM OANDA Japan
スプレッド 1.8〜2.0pips 0.4pips原則固定
トレーリングストップ 40ポイント〜 15ポイント〜
イフダン 40ポイント〜 スプレッド(ドル円の場合は0.4)以上

圧倒的に「OANDA Japan」の方が有利です。今月は今のところ負けなしで、1万円ほど利益が出せています。

といっても、まだまだ下手くそなので、伸長にいきたいと思います。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です