サイト運営者のイラスト
この記事を書いた人:ジェイ Twitter Instagram

2016年にFXを開始するがいきなり60万円を超える損失を出す。しかし諦めずにその後もチャート分析を研究。2020年の新型コロナの自粛期間にFXは不況期に強いビジネスと再認識し、さらに研究に熱を入れる。詳しい自己紹介はこちら »

2020年4月のFX月間収支は+39,650円(前月比+17.64%)、4月のドル円はボラティリティが低下しあまり動かず

Pocket
LINEで送る

4月も3月に続き、そこそこ積極的にトレードしました。

ただ、4月に入ってから急にボラティリティ(=変動幅)がなくなり、いつものドル円に戻ってしまいました。。

そのため、1つのエントリーであまり大きな値幅を狙わず、欲張らずに小さく刻む戦略に変更し、利益を積み重ねていきました。

その結果、4月はあまり大きなミスをすることなく、ほとんどのエントリーをプラスで終えることができました。

ただ、最後の最後にドル円の4連続ナンピン買いで2万円を超える含み損を抱えるというミスエントリーを続けてしてしまったのですが、昨夜の月末ロンドンフィキシングでドル円が大きく上昇し、運良くプラスで終えられました。

昨日の23:45〜24:00の15分間はどの通貨ペアも非常に力強く動いていました。まさに、月末ロンドンフィキシングの流動性パワーを感じた瞬間となりました。

ロンドンフィキシング(略してロンフィク)に関しては、以下の記事に詳しく書いています。FX取引をやるなら絶対に知っておくべきことです。

国別の為替取引が活発になる時間帯、仲値とロンドンフィキシング(ロンフィク)とは

2018年9月12日

2020年4月のFX月間収支

4月のXM(エックスエム)でのパフォーマンスです。

4月は39,650円を利益確定することができました。

FRBが利下げして米国の政策金利がゼロ金利になった関係か、ドル円はSELLしてもBUYしてもマイナススワップになっています。

コロナ危機を乗り越えるために、今は世界のどの国も低金利政策をとるようになっていますので、低金利の円を売って高金利通貨を買ってスワップポイントを受け取るというトレードができなくなっています。

前月比パフォーマンス
  • 月初残高:224,723円
  • 月末残高:264,373円(+39,650円)
  • 264,373 ÷ 224,723 = +1.17643…
  • 前月比:+17.64%

3月に続き、4月もプラスで終えられてよかったです。

5月はロットを少し上げてみようかなと思っているのですが、ロットを上げると今まで感じなかったプレッシャーを感じて、ミスが増えたりするので難しいところです。

ただ、いつまでも低ロットでトレードしても、たいして儲からないのも事実なので、少しずつロットを上げる必要性も感じています。

やはり、ハイリスクハイリターンですし、ローリスクローリターンですから。

というわけで、5月は0.1ロットだけでなく、0.2ロットでもエントリーしてみようと思っています。

また、4月は始めて株価指数のJP225Cashもエントリー(上の画像の青いライン)したのですが、最初は最小ロットの0.01ロットでエントリーしようと思ったのですが、どうやら株価指数は1.00ロットが最小エントリーのようで、1.00ロット以上でしかエントリーできませんでした。

しかも、始めてのせいか動揺してしまい、日銀買いが入ったように感じたところでBUYしようと思ったら、間違ってSELLボタンをクリックしてしまい、すぐにポジションを抜きました。。その結果、-12円の損失で済みました。

いま感じている課題として、ドル円だけのトレードでは限界があると思っています。

他の通貨ペアや株価指数など、もっと視野を広くしてチャンスを探るべきだと感じています。

FXを専業でやっている人って、米ドルや円だけでなく、オーストラリアドルや英ポンド、ユーロといった通貨ペアをトレードしている人が多い印象があります。

ただ、扱う通貨ペアが増えるほど、おそらく私の頭は混乱すると思われるので、そこが難しいところです。

でも、ドル円だけでなく、他の通貨ペアでも勝てるようにならないと、この先、あまり伸びないと思います。

また、私が利用しているXM(エックスエム)なら日本のFX会社と違い、株価指数もトレード可能ですし、ゴールドや石油といったコモディティもトレードできます。

4月は米国も日本も実体経済とかなり乖離して株価が上昇しているので(NYダウは4月月間で11%高となり、上昇率としては1987年1月以来、約33年ぶりの大きさを記録)、今後、二番底を付けにくるシナリオも十分に考えれます。

そこで、JP225Cash(日経平均株価)やUS30Cash(NYダウ)のSELL(ショート)で利益を狙えたら、トレーダーとして1つ上のランクに進めるように感じています。

というわけで、「ロットを少し上げる」「トレード対象を増やす」が現在の私の課題です。

2020年4月のドル円為替レート

4月のドル円4時間チャートです。

4月は最初は大きく上昇したのですが、4月6日をピークに上値を下げ、下値を下げて下落してきました。

最後に大きく上昇していますが、ここが月末ロンドンフィキシングです。この上昇でナンピン買いが助かりました。。

1月から4月末までのドル円日足チャートです。

なんとなく、5月はどちらかに動き出しそうに見えます。

また、3月の時みたいにボラティリティが上がってほしいのですが。

今日から5月ですが、夜はさっそく「米ISM製造業」が発表されます。

2020年5月1週目に発表される経済指標
  • 5日1日(金)23:00:米ISM製造業
  • 5日5日(火)23:00:米ISM非製造業
  • 5日6日(水)21:15:米ADP全国雇用者数
  • 5日7日(木)21:30:米新規失業保険申請件数
  • 5日8日(金)21:30:米雇用統計

注目なのが5/8(金)の雇用統計です。

4月の非農業部門雇用者数の予想はなんと「-2200万人」という見たことがない数値になっています。ちなみに、3月は「-70万人」でした。

予想が前代未聞のマイナス数値ですから、悪い数値が出るのは織り込まれているでしょうから、この数値よりもだいぶ良い数値が出た時に為替レートがどんな反応をするのかが見ものです。

いずれにせよ、来週のドル円はヨーロッパ時間〜NY時間でそこそこ動くのではないでしょうか?

日本はGWと緊急事態宣言で経済がお休み状態ですが、FXをやっている人なら稼ぐチャンスは十分にあります。

実態経済が止まった時でも稼ぐ手段を持っておくことは、これからのウイルス時代には必須になると個人的には感じています。

ヘッジ(保険)として、実態経済とは離れた距離にあるビジネスを持っておくということです。

詳細は運営者情報ページに書いています。

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが(私は300万円入金していました)、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

つまり、レバレッジが大きい方が拘束される資金(=口座に入金する資金)も少なくて済むということです。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。いま現在、手元に現金がなくてもクレジットカード入金も可能です。

さらに、XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの高性能な取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

いま手元にお金がない人でもクレジットカード入金でFX取引ができるXM、即入金ですぐに為替トレード可能。入金額10万円でも8880万円分までの外貨取引が可能に

2020年3月17日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下の記事で触れています。(意外と盲点ですし、知らないと最悪、資金を溶かすことになります。)

「海外FX証券=ハイレバ=危険」ではない理由、ハイレバレッジで小ロットなら逆に強制ロスカットされにくくなり安全、拘束される資金も少なく済む、けっこう皆さん勘違いされていますがFXを始める前に知るべきことです。

2020年4月8日

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)でFX取引したい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で口座開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

口座開設に1〜2日、入金は銀行振込でもクレジットカード入金でも数分で完了するので、最短で2日後にはトレード開始できます。

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

2019年にマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいので、XM(エックスエム)に20万円だけ入金してトレード技術を磨いています。

寝ている間に為替レートが大きく動いて、仮に強制ロスカットされたとしても20万円の損失で済むので、心のゆとりを持ちながらトレードと向き合えています。