2017年5月のFXトレード月間収支は17,604円のプラスですが含み損継続中。5月の雇用統計

Pocket
LINEで送る

5月もほとんどトレードしませんでした。。

しかし、GW後にフランス大統領選でルペンが当選されずにリスクオンとなり、円売りによる円安になったタイミングで、OANDAで含み損を抱えていたエントリー3つのうち、2つがプラスになったので、利食いました。

5850円と9480円で合計で15,330円です。あとはスワップ金利で、月間収支だと17,604円のプラスで終えました。

ドル円の場合、0.3ロットでの1エントリーにつき、毎日50円前後のスワップ金利が入っています。

もし、1ロットなら1日150円前後、30日で4500円前後のスワップ金利が入っていきます。10ロットなら月4万5000円です。

OANDAでは1エントリーだけ依然として含み損を抱え中ですが、昨日の雇用統計でBUYしたら一気に下に行ってしまったので、現在2エントリーで含み損を抱え中です。。

この2エントリーがプラスになるまで、1日つき100円ほどのスワップ金利が入ってきます。

XMの方は4エントリーで含み損を抱えていますが、こちらは1ドル115円よりも上の円安局面まで保有しようと思っています。

というのも、私は年末には1ドル118円前後の円安に戻ると考えているからです。

XMは海外証券なので200倍のレバレッジです。

4エントリーで25万近い含み損を抱えていますが、証拠金維持率は8000%以上とかなり余裕があります。(証拠金は300万以上入れています)

XMの強制ロスカットは20%になった場合なので、1ドル63円ほどまで円高にならないと強制ロスカットはされません。

FXロスカットレートの計算方法、強制ロスカットされる為替レートを知る方法

ここ数年では、2011年10月に付けた1ドル75円が一番の円高です。

さらに、アメリカの金利が利上げによる上昇局面ですから、リーマンショック以上のよほどのことが起こらない限り1ドル63円にはならないと思っています。

ただ、XMの場合、スワップ金利が1エントリー(0.2ロット)につき1円ほどしか入らないので、長期保有のスワップ金利狙いには向いていません。。

2017年5月のFXトレード月間収支と含み損

5月の月間収支は17,604円のプラスですが・・・

OANDAで160,500円の含み損を抱えています。。

昨日、雇用統計発表前にエントリーしたBUYが32,130円もマイナスです。。SELLしていれば・・・

XMの含み損は248,933円です。。

5月の雇用統計

昨晩は5月の雇用統計の発表がありました。

2日前のADP雇用統計の結果がかなり良かったので、私は発表前にBUYでエントリーしていたのですが、結果は予想よりも悪く、一気に下落してしまいました。。

久しぶりのエントリーだったのに、ほんとに自分って下手くそだな・・・と思ったものです。。

5月米雇用者数:13.8万人増に減速、失業率は低下も労働力人口が減少 – Bloomberg

米労働省の2日発表によると、5月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比13万8000人増と、4月の17万4000人増(改定値)から減速した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は18万2000人増だった。3月と4月は合わせて6万6000人の下方修正となった。
  
家計調査に基づく5月の失業率は4.3%で、前月の4.4%から低下した。エコノミスト予想は4.4%だった。失業者数が減少した一方で、就業者数も減り、労働力人口は縮小した。

平均時給は前月比では0.2%増と、市場予想と一致。前年同月比では2.5%増。市場予想は2.6%増だった。

米失業率、16年ぶり低水準 5月4.3%  雇用13.8万人増、利上げ観測強まる:日本経済新聞

失業率はIT(情報技術)バブル末期の2001年5月(4.3%)と並ぶ水準まで低下した。FRBが完全雇用とみる失業率の水準は4.7%で、足元の雇用環境は逼迫感が強まっている。

 雇用者の増加幅は好調の目安とされる20万人を下回り、市場予測(18万人程度)に届かなかった。4月の増加幅も速報値の21万人から17万4千人へと下方修正した。ただ、イエレンFRB議長は完全雇用下での就業者の伸びを「7万5千~12万5千人が適正」とみており、利上げ判断の強い逆風とはならなさそうだ。

結果 予想 前回
雇用統計(非農業部門雇用者数) 13.8万人 18.0万人 21.1万人 → 17.4万人
失業率 4.3% 4.4% 4.4%
平均時給(前年比) 2.5% 2.6% 2.5%
平均時給(前月比) 0.2% 0.2% 0.3 → 0.2%

今回は平均時給の注目度が高かったようですが、平均時給は上がっていません。

ただ、アメリカって平均時給が25ドル前後とかなり高いですね。。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です