宮田直彦氏、ドル円は2020年からドル高円安トレンドが再開、2023年には1ドル150〜160円へと予測

Pocket
LINEで送る

昨年(2019年)3月に三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ・テクニカルアナリスト宮田直彦氏のドル円為替予想を紹介しました。

円高予測が多い中、ドル円為替レートは2019〜2023年まで長期ドル高・円安入りと予測する宮田直彦氏

2019年3月4日

内容をざっくりまとめると「2019年1月のフラッシュ・クラッシュで円高波動は終わり、2023年に向けて円安波動へ移行する。円安の目安としては1つ目が1ドル115円で、年内に1ドル120円を目指す(あるいは超える)展開になってもおかしくない。」という為替予想でした。

当時は円高予想が多い中、円安予想が珍しいと思い取り上げたのですが、年が明けて2019年のドル円相場を振り返ると、宮田直彦氏の為替予想はハズレという結果で終わりました。

上のチャートは2019年のドル円日足です。

円安の最高値は4月に付けた1ドル112.4円でとどまり、1ドル115円まで上昇することはできませんでした。

最安値は年始のフラッシュ・クラッシュで付けた1ドル104.1円。

値幅としては約8.3円と非常に狭いドル円相場でした。

2019年12月15日時点、宮田直彦氏のドル円為替予想

前回の為替予想は2019年2月のものでしたが、宮田直彦氏は日経ヴェリタス(2019年12月15日号)でも2019年を振り返りながら新たに2020年以降の為替予想をしています。

今回はこれを紹介したいと思います。

宮田直彦氏は2018年は9.99円、2019年は8円程度とドル円の値幅の狭さに触れ、膠着状態でチャートは煮詰まっており、2020年は大きく動く可能性が高いと言っています。

そして、2019年はリスクオフ要因(円買い要因)がたくさんあったにも関わらず、1ドル100円割れにならずに底堅く動いたこと。そして、年末値で10年移動平均線を7年連続、20年移動平均線を6年連続で上回っていることに触れます。

さらに、下値固めが終わったのであれば、来年は上値を試す番と言います。

そして、2015年〜2019年の「三角もちあい」を契機に、2011年〜2015年に見られたドル高円安トレンドが再開すると予想します。

このドル高円安トレンドは2023年6月まで続き、最終的には1ドル150〜160円に達してもおかしくないとみているそうです・・・。

私個人的には、さすがに1ドル150円以上というのは現実味を感じられませんが、あくまで2019年末時点の三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフ・テクニカルアナリストの予想です。

為替や株価の予想と言えば、当たると評判のニトリ会長がいますが、アナリストやエコノミストと違い実業をやっている人なので、予想も堅実なところに収めてきます。

一方、アナリストやエコノミストは分析することがお仕事なので、人によっては妄想が激しくなりすぎる傾向があるような気がしています。

マスターベーション的要素が強くなりすぎ、行き過ぎた予想をしてしまうような・・・。

そもそも、為替にせよ株価にせよ景気にせよ、長期の予測はあまり意味を持たないというか、エンターテイメントみたいなものだと個人的には思っています。

長期になればなるほど予想外のことが起こる確率が上がりますから。

実際、2020年はコロナショックという2019年末段階では全く織り込まれていなかったことが起き、世界の株式市場で株価指数の高値から下落率が2割を超える「弱気相場」に入っています。

弱気相場入りすると、マーケットの目線が「どこまで戻すか?」から「どこで下げ止まるか?」に変わります。

また、多くの含み損を抱えたり損失を確定した投資家がリスクをとれなくなり、相場が上向かない状態がしばらく続く傾向があります。

2019年1月から2020年3月12日までのドル円日足チャートです。

このチャートを見ると、宮田直彦氏の「2020年のドル円は大きく動く可能性が高い」という予想は当たったようです。ただし、現時点では逆に動いていますが・・・。

次回はニトリ会長の2020年の為替・株価予想を紹介したいと思います。

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。

XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下に記事で触れています。(意外と盲点です)

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)の口座開設をしたい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

現在、私はマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいのでXM(エックスエム)に10万円だけ入金してトレード技術を磨いています。