MT4で上位軸の移動平均線の出し方&考え方、勝てないのでシンプルなチャート画面に変更します。

Pocket
LINEで送る

結果が出ない場合、今までのやり方とは違うやり方を採用しないと、いつまでたっても結果が出ない・・・。

これは私が過去の経験で学んだことです。

損切りはトレードだけでなく、人生でも大事なこと。

というわけで、今日からMT4のチャート画面を複雑なものからシンプルなものに変更しました。

MT4はOANDAで利用していますが、今まではこんな感じで、いろんなインジケーターを出していました。

この画面は5分足です。

出していたインジケーターは以下の通りです。

  • GMMA
  • SMA(3)
  • SMA(75)
  • SMA(25)
  • SMA(13)
  • SMA(120)
  • EMA(200)
  • ボリンジャーバンド
  • 出来高
  • MACD
  • ストキャス
  • RSI

色々と出しすぎていて、1つの1つのラインを冷静にしっかりと見れてなかったと思います。

なので、今日はこんな感じでシンプルな感じに変更しました。

こちらも5分足です。

背景を白にして、ローソク足を白黒に。

表示するインジケーターも少なめに。

  • SMA(20/水色)
  • SMA(60/赤)
  • SMA(240/紫)
  • 出来高
  • ストキャス

移動平均線(SMA)が60期間や240期間と馴染みがないものを使っていますが、これは上位軸の20期間の移動平均線です。これについては、のちほど詳しく説明します。

私は2画面でトレードしているので、もう1つのディスプレイには「15分」「1時間」「4時間」を縦に表示することにしました。

どれも「20期間の移動平均線」と「1つ上の時間軸の移動平均線」と「2つ上の時間軸の移動平均線」を表示しています。

オシレーターも今のところ「MACD」のみを表示されています。

最初に自分がトレードする時間軸を決める

今までのトレード手法では勝てないと思ったので、今月から変更することにしました。

まずは自分がトレードする時の時間軸を決めることから始めました。

私の場合、「1分足」だと忙しすぎるので、「5分足」をメインにして、上位軸を「15分足」「1時間足」「4時間足」「日足」に設定しました。

5分足 → 15分足(3倍) → 1時間足(4倍) → 4時間足(4倍) → 日足(6倍)

()の内の倍数は前の時間軸に対して何倍かということです。

まずは、このように自分がトレードをする時間軸を決め、上位軸をどの時間軸にするのか決めます。

私の場合、1分足と30分足は使わないということです。

上位軸の移動平均線の出し方&考え方

私は1つのチャートに3本の20期間の移動平均線を表示することにしました。

5分足のチャートの場合、「5分足の20期間の移動平均線」「15分足の20期間の移動平均線」「1時間足の20期間の移動平均線」の3本です。

これによって、5分足のチャートを見ながら、上位軸である15分足と1時間足の移動平均線の傾きを同時にチェックできるようになります。

まずは、5分足の20期間の移動平均線を出します。

「15分足の20期間の移動平均線」を5分足で出す場合、15分は5分の3倍なので、「20 x 3 = 60」となるので、5分足で60期間の移動平均線を表示させれば、それが15分足の20期間の移動平均線になります。

「1時間足の20期間の移動平均線」を5分足で出す場合、1時間(60分)は5分の12倍なので、「20 x 12 = 240」となるので、5分足で240期間の移動平均線を表示させれば、それが1時間足の20期間の移動平均線になります。

このように3本の移動平均線を表示させることによって、5分足のチャートで15分足(1つ上の時間軸)と1時間足(2つ上の時間軸)の同期間の移動平均線の動きを見ることができるようになります。

15分足のチャートの場合も同様に考えます。

15分の1つ上の時間軸は1時間、2つ上の時間軸は4時間なので、以下のように考えます。

1時間(60分)は15分の4倍なので、「20 x 4 = 80」となるので、15分足で80期間の移動平均線を表示させる。

4時間(240分)は15分の16倍なので、「20 x 16 = 320」となるので、15分足で320期間の移動平均線を表示させる。

このような手順で1時間足と4時間足のチャートにも、3つの時間軸の20期間の移動平均線を表示させました。

今月から3本の移動平均線を動きをしっかり観察しながらトレードします。

今までの私のトレードを振り返ると、基本を疎かにしていたと思いました。

だから、勝てない・・・。

そこで、もう一度、基本に立ち返り、「移動平均線」と「グランビルの法則」を重視してトレードしていこうと思います。

7〜8月は一度もエントリーしませんでした、今月は何度かエントリーしてみたいと思います。

まずは練習として、0.1ロットでやる予定です。

Oanda Japan(オアンダジャパン)口座開設・MT4用のアカウト作成・入金・トレード開始までの流れ

私は現在、「OANDA(オアンダ)Japan」で世界標準の取引ツール「MT4(MetaTrader 4)」を使ってFXトレードをしています。

「OANDA(オアンダ)Japan」の口座開設からトレード開始までの一連の流れを以下の記事にまとめていますので、もしよかったら参考にして下さい。

Oanda Japan(オアンダジャパン)の口座開設の手順、最短で口座開設するなら郵送よりも画像アップロード

2018年10月2日

↑口座開設について。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーと東京サーバーの違い、全く初心者ならNYサーバーが向いている理由

2018年10月3日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)には「NYサーバー」と「東京サーバー」がありますが、両者の違いについて。

Oanda Japan(オアンダジャパン)でMT4(MetaTrader4)を使うにはサブアカウント(NYサーバー/東京サーバー)を作る必要がある。

2018年10月4日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)を作る手順。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のダイレクト入金ならすぐに即時入金される、その手順と対応銀行

2018年10月5日

↑作ったサブアカウント(サブ口座)に入金すれば、トレード開始です。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーから東京サーバーへ資金移動完了、その手順とMT4でのログイン

2018年10月1日

↑「NYサーバー」のアカウトから「東京サーバー」のアカウントに資金を移動。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です