FXのミセス・ワタナベとは?夢のような不労所得相場での手法はハイレバレッジ・高金利・円安継続がカギだった

Pocket
LINEで送る

今でも為替のニュースなどで目にすることが多い「ミセス・ワタナベ」という名前。

FXや投資をやっていない人からしてみたら、「ミセス・ワタナベって誰?」って感じだと思います。

「ミセス・ワタナベ」という名前が一般に知れ渡ったのは2007年頃だと記憶しています。

というのも、その頃にFXで億を超える利益をあげたにも関わらず、納税していなかった大口の脱税が次々と発覚したからです。

特に、池辺雪子さんという主婦は話題になりました。

池辺雪子さんは2002〜2005年の3年間で4億4000万円をFXで稼ぎましたが、申告しなかったため(税金を納めなかったため)2007年に脱税として起訴されて有罪判決が言い渡されました。

その結果、以下のような判決と徴税をされましたが、税金に関しては一括で完済したそうです。

  • 判決:懲役1年6ヶ月、執行猶予3年
  • 所得税:1億3900万円
  • 延滞税:3600万円
  • 重加算税:8000万円
  • 住民税:3000万円
  • 罰金:3400万円
  • ◎合計:3億1900万円

ちなみに、2018年現在のFXの税金は「先物取引に係る雑所得等」として分離課税(給料や事業など他の所得とは別に課税)となり、税率は一律20.315%となっています。

仮に、年間1億円をFXで利益確定したら、所得税額は2031万5000円となります。(100,000,000円 × 0.20315 = 20,315,000円)

延滞税の税率は14.6%と消費者金融の金利並に高いです。

でも、池辺雪子さん一括で納税し、その後、こんな本も出しています。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義
あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義 あの4億円脱税主婦が教える FX勝利の真髄
あの4億円脱税主婦が教える FX勝利の真髄

「歴史は繰り返す」と言うように、過去を知ることは未来の武器となります。

FXで鬼のように稼いだ人の手法を知ることで、今後のトレードに活かせることが1つでもあれば御の字だと思います。

私も今度、読んでみようと思います。

FX本は著者が本当に稼いでいるのか怪しいものも多いですが、池辺雪子さんの場合、1億3900万円もの所得税の請求が稼いでいたことの証でもあります。

さらに、3億円を超える税金を一括納税しているところもすごいと思います。稼いだお金を散財せず、しっかり貯蓄していたことの証でもあります。

ミセス・ワタナベとは

一般的には、「ミセス(Mrs.)」という敬称は既婚女性に対して使う言葉なので、「渡辺さんという名字の主婦」のことになります。

しかし、投資の世界、特にFX業界で使われている「ミセス・ワタナベ(Mrs. Watanabe)」は「日本人の個人投資家」のことを指します。

「ミセス(Mrs.)」とあるので、個人投資家の中でも主婦に限定すると思われるかもしれせんが、実際には主婦だけでなく、独身女性や男性も含めて「ミセス・ワタナベ(Mrs. Watanabe)」と呼ばれています。

1997年にイギリスの経済紙「エコノミスト」で初めて使われたそうです。

イギリス人からしてみると、「山田」でも「佐藤」でも「鈴木」でもなく、日本人の名字というと「渡辺(Watanabe)」だったようですね。

近年では、FXだけでなく株式投資や仮想通貨でも「日本人の個人投資家」のことを「ミセス・ワタナベ」と呼ぶニュース記事をよく見かけるようになりました。

というわけで、2018年現在では「ミセス・ワタナベ」とは「FXや株式投資、仮想通貨などをやっている日本人個人投資家」ということになります。

為替の世界ではミセス・ワタナベの影響力は巨大

リーマンショック以降、FXの取引金額は年々増えていて、2009年には2000兆円ほどだった取引金額は2015年には5000兆円へと増加しました。

世界のFX市場に占める日本の割合は3割ほどで、日本は世界最大のFX市場となっています。

さらに、「ミセス・ワタナベ」として知られる日本人個人投資家のFX取引金額は輸出企業の売買高を上回っていると言われています。

それだけ、「ミセス・ワタナベ」の動向は為替市場に影響を与えますし、無視できない存在となっています。

株式投資は平日9:00〜15:00までと市場が空いている時間が限られていますが、FXなら平日24時間いつでも取引できます。「国民の休日」なども関係なく取引できます。

そのため、「家事を終えた主婦」や「仕事を終えたサラリーマンやOL」でも、時間の制約なく取り組むことができます。

さらに、株式投資の場合、PERやPBRなどといった指標が多く、そのぶん勉強や研究が必要になりハードルが高い印象があります。

一方、FXは「上げ下げに賭けるゲーム」みたいな単純な側面があります。そういったところも、多くの日本人に人気の理由なのかもしれません。

日本人は宝くじやパチンコ、FXと投機性が高いものが好きな人が多い傾向があるようです。

ミセス・ワタナベが鬼のように儲けた時代の手法

2007年に大口の脱税が次々と発覚しましたが、税務署は2〜3年は泳がす傾向があるので、FXで巨額の富を築いた人が増えたのは2000年代中頃(2005年前後)だと思います。

まずは、この当時の為替レートや金利、レバレッジ等を確認してみたいと思います。

レバレッジ

まず、レバレッジですが、1998年の改正外為法施行でFX取引が日本で解禁され、当初はレバレッジ500倍などもあったようですが、2010年に個人取引のレバレッジは50倍までに規制され、2011年には25倍に規制されて現在(2018年)に至ります。

つまり、2010年以前は現在よりもかなりハイレバレッジだったということです。

現在は100万円で25倍のレバレッジをかければ2500万円分の外貨を取引できますが(100万 × 25倍 = 2500万)、これがレバレッジ100倍だと1億円分の外貨を取引可能になります。(100万 × 100倍 = 1億円)

レバレッジ500倍なら5億円というとんでもない額になります。(100万 × 500倍 = 5億円)

個人がこれほどの大金を取引できたのは、当時のFXくらいではないでしょうか?

ただ、今でも海外のFX業者を使えば、ハイレバレッジの取引はできます。

たとえば、私が以前使っていたXM(エックスエム)のレバレッジは最大で888倍です。(入金額が多い場合は最大200倍になります。)

為替レート

上記のレートは私が現在、FXトレードで利用しているOanda Japan(オアンダジャパン)のドル円の月足チャートです。

Oanda Japan(オアンダジャパン)では、2002年からのドル円のチャートを見ることができます。

私が以前使っていた海外FX業者のXM(エックスエム)だと、1995年からドル円のチャートが閲覧可能です。

2000年半ば頃のドル円の動きを見ると、2005年1月〜2007年6月まで2.2円ほど円安が進み、最高で1ドル124円まで円安になりました。

2007年6月以降はサブプライムショック、そして2008年9月のリーマンショックで円高が大幅に進み、2011年10月には1ドル75円を付けました。

その後、2012年末からアベノミクスによる日銀の量的緩和が開始し、2015年6月には1ドル125円まで円安が進みました。

金利

2000年半ば頃はオーストラリアやニュージーランドなど米国よりも高金利通貨がありましたが、ここでは米国と日本の政策金利を比較してみたいと思います。

ここ数年、米国のFRBの「利上げ」に関するニュースをよく見かけるようになりましたが、この「利上げ」とは「政策金利」を上げることです。

「政策金利」が上がると以下のようなことが起こります。(他にも様々な影響が出ます)

  • 銀行の金利が上昇 → 銀行預金の利息が増える、法人がお金を借りづらくなる
  • 住宅ローンの金利が上がる → 変動金利で住宅ローンを借りた人の返済額が増える
  • FXで高金利の外貨を買うとスワップ金利が上昇する → 受け取れるスワップ金利が以前よりも増える

上のチャートは米国の政策金利(Federal Funds Rate)です。

2007年前後、米国の政策金利は5%ほどありました。

2018年8月時点では2%です。

上のチャートは日本の政策金利です。

日本の政策金利は2000年以降、ほぼ0%です。俗に言う「ゼロ金利」というものです。

2007年の日米の金利差は5%ほどあったようです。

2007年にレバレッジ100倍、元金120万円でドル円のFX取引をやった場合

先述した通り、2010年以前はレバレッジ規制がなく、現在よりもかなりハイレバレッジでした。

ここで、2007年に「レバレッジ100倍」「元金120万円」でドル円のFX取引をやった場合をシュミレーションしてみたいと思います。

「元金120万円」で「100倍のレバレッジ」をかければ「1億2000万円」の外貨を取引できるようになります。

2007年頃の「日米金利差は5%」です。(ちなみに、2018年8月現在は2%弱です)

当時のドル円の為替レートは「1ドル120円」ほどです。

ここまでを一旦まとめます。

  • 元金:120万円
  • レバレッジ:100倍
  • 日米金利差:5%
  • ドル円為替レート:1ドル120円

FXでドル円を「BUY」するということは、「円を売ってドルを買う」ということです。つまり、外貨預金(日本円でドルを買う)と同じことです。

FXと外貨預金の違いはレバレッジがあるかないかです。

FXにはレバレッジがあって、持っているお金の何倍ものお金を取引できます。

元金が120万円しかないとしても、今回のように100倍のレバレッジをかければ1億2000万円ものバーチャルなマネーで外貨を買うことができます。

「1億2000万円」の日本円を「1ドル120円」でドルに両替(円を売ってドルを買う=ドル円のBUY)すると、1,000,000ドル(100万ドル)になります。

米国の金利は5%なので、1,000,000ドル(100万ドル)に対する年間の利息は50,000ドル(5万ドル)です。(1,000,000 × 0.05 = 50,000)

1ドル120円なので、50,000ドル(5万ドル)は日本円で6,000,000円(600万円)になります。(50,000 × 120 = 6,000,000)

つまり、FXでBUYしたドル円を1年間保有していれば、年間600万円ものスワップ金利を受け取れるということです。

スワップ金利は土日休日関係なく毎日入ってくるので、「600万円 ÷ 365日 = 16438.35…」となり、毎日約1万6000円ものお金が入ってくる状態です。へたな肉体労働の日給よりも高いです。

土日に遊んでいても、スワップ金利は入ってきます。まるで、不労所得のように。

そもそも、年600万円と言えば、日本の上場企業社員の平均年収とほぼ変わりません。

もし、この状態が永遠に続くなら、スワップ金利だけで働かなくても生活できてしまうという夢のような状態になります。

為替の上げ下げを当てるのは難しいですが、スワップ金利は「円を売ってドルを買う(ドル円のBUY)」だけでOKです。

もちろん、為替レートがエントリーポイントよりも上昇すれば、レバレッジが100倍と大きいぶん、含み益も大幅に増えていきますので、どこかのタイミングで利益確定してもいいでしょう。

ただし、一旦ポジションを解消してしまうと、その後は毎日受け取っていたスワップ金利が入ってこなくなります。

利益確定でキャピタルゲインは得られましたが、今まで受け取っていたスワップ金利というインカムゲインは入ってこなくなります。

今まで家賃収入にように受け取っていたスワップ金利がなくなってしまうのは、なんとなく心理的抵抗があるものです。

しかも、FXは不動産投資のようにハードルが高くありません。不動産投資でも銀行からお金を借りるというレバレッジをかけることはできますが、そのためには投資に適した物件を探し、銀行の融資審査に通らなくてはいけません。

一方、FXでは口座開設するだけでハイレバレッジをかけることができ、米ドルのような高金利通貨を買ってインカムゲイン(不動産投資での家賃)を得ることができます。

FXなら低いハードルで、今までシュミレーションしたような「夢のような不労所得」が得られます。

こうして、多くの日本人がFXをやり始めました。

しかし、「夢のような不労所得」が得られる状態がいつまでも続くことはありません。

レバレッジはマイナスにも働くので、為替レートが予想と違う方向(今回の場合なら円高方向=ドル円の下落)に進むと、含み損が大幅に増えていきます。

そして、予想以上に円高が進むと、最悪の場合、強制ロスカットされてしまいます。

それが実際に起こったのが、2007年のサブプライムショックから2008年のリーマンショックへと続く、円高相場でした。

1ドル75円という歴史的な円高になりましたが、この時は多くのミセス・ワタナベの損切り(ドルを売って円を買う)注文を巻き込んで円高ドル安が急速に進んだと思われます。

実は、私の友人もスワップ金利狙いでアフリカの通貨ランドを取引していましたが、リーマンショックで予想外の円高になり、強制ロスカットされ入金した150万円を全て溶かしてしまいました。

さらに、リーマンショック後は米国の政策金利も大幅に下がったので、ドル円のスワップ金利も大幅に減りました。

こうして、「夢のような不労所得」相場が終わりました。

つまり、2007年頃のミセス・ワタナベが体験した「夢のような不労所得」を得るには、以下の3つがカギだったということになります。

  • ハイレバレッジ
  • 高金利
  • 円安継続

現在の日本では、FXのレバレッジは25倍となっているので、ハイレバレッジは終わりました。

FXでハイレバレッジで取引したいなら、以前私も使っていたXM(エックスエム)のような海外FX業者を利用する必要があります。

また、購入する外貨が高金利の場合、円安は長期では継続しない傾向があります。

なぜなら、高金利通貨は長期で見ると下落するのが一般的だからです。

米ドルなら長期では「ドル安」方向(=円高方向)へと向います。

なので、仮に「ハイレバレッジ」と「高金利」が継続していたとしても、「円安」が継続することは長期的には可能性は低いということです。

つまり、「夢のような不労所得」を得られる状態が永続的に続くことはないということです。

現在のミセス・ワタナベの投資手法

FXに関するニュース記事では「ミセス・ワタナベは逆張りを得意をする」というフレーズをよく見かけます。

しかし、昨今では順張りする人も多いようです。

また、昔なら機関投資家が使っていたような自動売買システムを使っている個人投資家も増えているそうです。

また、ドル円やユーロドルといったメジャーな通貨ペアだけでなく、様々な通貨ペアを取引している人も増えているようです。

今後、FRBが利上げをしていき、米国の政策金利が上昇していけば、またスワップ金利狙いの投資家も増えるかもしれません。


現在、多くの含み損を抱えている私が言っても説得力はないかもしれませんが、FXで利益を出すには「MT4(Meta Trader 4)」というプラットフォームを使った方がいいです。

FX投資家によっては、「MT4じゃないと勝てない」という人もいるくらいです。実際、稼いでいる人の多くはMT4でチャート分析しながらトレードしています。

日本のFX業者はなぜか「MT4」というプラットフォームを使わず、独自のプラットフォームを採用しています。

日本に登録しているFX業者で「MT4」が使えるのは、私が利用している「Oanda Japan(オアンダジャパン)」や「FXTF」など少数しかありません。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の場合、東京サーバーもありますので、取引のレイテンシー(遅延)も起こりづらいというメリットもあります。

XM(エックスエム)のような海外FX業者ならMT4はデフォルトです。


私は現在、「OANDA(オアンダ)Japan」で世界標準の取引ツール「MT4(MetaTrader 4)」を使ってFXトレードをしています。

「OANDA(オアンダ)Japan」の口座開設からトレード開始までの一連の流れを以下の記事にまとめていますので、もしよかったら参考にして下さい。

Oanda Japan(オアンダジャパン)の口座開設の手順、最短で口座開設するなら郵送よりも画像アップロード

2018年10月2日

↑口座開設について。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーと東京サーバーの違い、全く初心者ならNYサーバーが向いている理由

2018年10月3日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)には「NYサーバー」と「東京サーバー」がありますが、両者の違いについて。

Oanda Japan(オアンダジャパン)でMT4(MetaTrader4)を使うにはサブアカウント(NYサーバー/東京サーバー)を作る必要がある。

2018年10月4日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)を作る手順。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のダイレクト入金ならすぐに即時入金される、その手順と対応銀行

2018年10月5日

↑作ったサブアカウント(サブ口座)に入金すれば、トレード開始です。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーから東京サーバーへ資金移動完了、その手順とMT4でのログイン

2018年10月1日

↑「NYサーバー」のアカウトから「東京サーバー」のアカウントに資金を移動。

参考サイト

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です