Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーから東京サーバーへ資金移動完了、その手順とMT4でのログイン

Pocket
LINEで送る

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXをやっていますが、「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でMT4を使う場合、「NYサーバー」と「東京サーバー」の2つのサーバーから選ぶことができます。

私は口座開設時にどちらのサーバーも作成しましたが、今までは「NYサーバー」で取引していました。

「NYサーバー」を選んだ理由は特になく、なんとなく「FXと言えば東京よりニューヨークかなぁ〜」というイメージ的な理由です。

しかし、ここ1年で「東京サーバー」の方がスプレッドが狭くなってきているので、今月からは「東京サーバー」で取引しようと思い、「NYサーバー」から「東京サーバー」へ資金を移動しました。

Oanda Japan(オアンダジャパン)で「NYサーバー」から「東京サーバー」へ資金を移動する手順

まずは、「Oanda Japan(オアンダジャパン)」にログインします。

公式サイトのトップページ右上の「ログイン」ボタンをクリック。

このページでIDとパスワードを入力して、本番口座にログインします。

ログインしました。

見ての通り、「NYサーバー」と「東京サーバー」では「Account ID」や「MT4 Login ID」や「MT4 Server」も違います。

「MT4_NY」と「MT4_Tokyo」という名前は自分で決めることができます。

私の場合、今まで「NYサーバー」を使ってきたので、現在は「NYサーバー」のみに資金が入っている状態です。

私は2017年3月から「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFX取引をやっていますが、最初に300万円入力しました。

現在は3,332,900円に増えているので、33万2900円ほど増やせていることになります。

この「NYサーバー」にある資金をこれから「東京サーバー」に移動します。

まずは、左下の「資金の移動」をクリックします。

「出勤元」と「出勤先口座」を選択し、「振替金額」を入力します。

私は左上の「引出可能額」である「3,332,900」をコピペして、「振替する」ボタンをクリックしました。

すると、エラーが表示されてしまいました・・・。

というのも、「振替金額」では「3,332,900」のように区切りである「,」を入力せず、数値のみで「3332900」と入力する必要があるからです。

「,」を削除して、再度「振替する」ボタンをクリック。

振替が完了しました。

管理画面のトップページに戻ってみると、無事、「NYサーバー」から「東京サーバー」に資金が移動していることが確認できました。

少しすると、資金移動が完了したというメールが届きます。

ここまでが、「Oanda Japan(オアンダジャパン)」の管理画面での作業です。

MT4で東京サーバーにログイン

ここからは「MT4」での作業になります。

MT4を立ち上げると、「残高」が0円になっています。というのも、これは今まで取引していた「NYサーバー」だからです。

これから「東京サーバー」にログインする必要があります。

「口座履歴」をチェックすると、先ほど資金移動した3,332,900円がマイナスとなって出金(DelFunds)されていることが分かります。

メニューから「ファイル – 取引口座にログイン」を選びます。

現在は「NYサーバー」の情報がありますが・・・

「東京サーバー」のログインIDとパスワードを入力し、「東京サーバー」のサーバーを選びます。

すると、画面が変わりました。

「口座履歴」を見ると、3,332,900円が入金(Deposit)されています。

チャート部分は「アップデート待機中」とありますが、待っていても何も変わりませんので、ウィンドウは一度閉じて、新規でドル円のチャートをもう一度表示させます。

無事、東京サーバーでドル円チャートが表示されました。

残高も3,332,900円になっています。

というわけで、本日から「Oanda Japan(オアンダジャパン)」の東京サーバーでFXトレードします。

現在の東京サーバーのドル円のスプレッドは0.3です。

今日は23:00に「ISM製造業景況指数」の発表がありますが、チャンスがあったらエントリーしてみたいと思っています。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です