Oanda Japan(オアンダジャパン)でMT4(MetaTrader4)を使うにはサブアカウント(NYサーバー/東京サーバー)を作る必要がある。

Pocket
LINEで送る

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーと東京サーバーの違い」に書いた通り、Oanda Japan(オアンダジャパン)で「MT4(MetaTrader4)」を使ってトレードするには、プライマリーアカウント(最初からあるアカウント)とは別に「サブアカウント」を作る必要があります。

「サブアカウント」は「東京サーバー」が1アカウントのみ、「NYサーバー」が14アカウント作ることができます。

私は「東京サーバー」と「NYサーバー」を1つずつ作成しました。

ここでは、すでに存在する「東京サーバー」に加えて、新たに「NYサーバー」を作成する手順を掲載します。

ただ、私がサブアカウントを作ったのは2017年2月のことなので、このページに掲載するキャプチャや手順は古くなっている可能性もあります。

このページを見ても解決しない場合は、オアンダ公式サイトの「MT4口座の設定までの流れ」を参考にして下さい。

MT4(MetaTrader4)を使うためのサブアカウント作成手順

まずは、Oanda Japan(オアンダジャパン)の管理画面にログインします。

トップページにはすでに「東京サーバー」が作成済みで、これから「NYサーバー」を作成します。

メニューから「サブアカウントを作成」をクリック。

ちなみに、Oanda Japan(オアンダジャパン)では最初から存在する「プライマリーアカウント」以外のアカウントは「サブアカウント」扱いになります。

「プライマリーアカウント」ではオアンダ独自の取引ツール「fxTrade」しか利用できないので、世界標準のFX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」を使うには必ず「サブアカウント」を作成する必要があります。

「サブアカウント」には「東京サーバー」と「NYサーバー」があります。

ここでは、最初に「この口座をMetaTrader4で利用可能にする」にチェックを入れます。

すると、上のような画面になりますので、必要箇所を入力します。

ここで注意すべきことは、サブアカウント(サブ口座)は一度作成すると、口座名の変更や削除ができないので、口座名はよく考えて名付けた方がいいということです。

私の場合、「東京サーバー」の口座名は「MT4_Tokyo」、「NYサーバー」の口座名は「MT4_NY」と名付けました。

NYサーバーは14アカウントまで作成可能なので、人によっては通貨ペアごとにアカウントを作る人もいます。

そのような場合なら、「MT4_NY_USDJPY」「MT4_NY_EURUSD」「MT4_NY_EURJPY」といった口座名もいいかもしれません。

私の場合、ドル円しかトレードしないので、「東京サーバー」も「NYサーバー」も1つずつしか口座(アカウント)を作っていません。

あとは、アカウントを複数持つと資金もバラけるので、想定に反して為替レートが動いた時に、強制ロスカットのリスクが高まることも考慮すべきと思います。

私は「強制ロスカットさえ受けなければ、FXで利益を稼ぐことはできる。」と考えているので、1つの口座に資金を集中しています。

口座に入金する資金が多ければ多いほど、強制ロスカットのリスクは低減するからです。

もちろん、欲張って大きなロットでエントリーせずに、為替が想定外の動きをしても耐えられるほどのロットでエントリーすることも強制ロスカットを避けることにつながります。

先ほどのページで「この口座を両建て可能にする」にチェックを入れた場合、利用規約ページが表示されるので、「同意する」ボタンをクリック。

ちなみに、「両建て」とは「BUY(買い)」と「SELL(売り)」を同時にすることです。

私は両建て可能にしています。

これで新しいサブアカウント(サブ口座)の作成が完了しました。

管理画面のトップページに戻ると、最初はなかった「NYサーバー」が表示されています。

上のページでは残高は0円になっていますが、この後、MT4(MetaTrader4)をサブアカウントにインストールし、入金すればトレードできるようになります。

MT4(MetaTrader4)をダウンロード&インストール

サブアカウント(サブ口座)を作る過程で、「MT4(MetaTrader4)」をダウンロードボタンが出てくるので、ダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、今度は「MT4(MetaTrader4)」をインストールします。

インストールが完了したら、今度は「MT4(MetaTrader4)」にログインします。

ここまで無事進んだら、今度は先ほど作ったサブアカウント(サブ口座)に入金します。

入金は「ダイレクト入金」すればすぐに反映されるので、「ダイレクト入金」後すぐにトレードできるようになります。

Oanda Japan(オアンダジャパン)に口座開設する »

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です