OANDA Japan(オアンダジャパン)が大口投資家向けにFX中〜上級者向けメール配信プログラムを開始

Pocket
LINEで送る

私が利用しているOanda Japan(オアンダジャパン)が大口投資家向けにメール配信プログラムを開始します。

大口投資家だけに向けた中級者〜上級者向けの内容ということです。

取引額に応じて、以下のように2段階に分かれています。

1)前月のお取引額がUSD1000万通貨相当超え

前月のお取引額がUSD1000万通貨相当を超える投資家の場合、外資系銀行ディーリングルームで20年を超える経験を持つ執筆者によるコラムが月に1〜2回配信されます。

コラムの内容は以下の通りです。

  • バイサイド・セルサイド両方の市場関係者から直接集めた市場動向
  • アルゴリズムトレードに関する動向
  • サイエンティストの目から見た金融市場
  • 成功しているトレーダーの取引手法
  • 取引の手法や哲学

「1000万通貨」はロット数で言うと「100ロット」になります。

  • 1000通貨=0.01ロット
  • 1万通貨=0.1ロット
  • 10万通貨=1.0ロット
  • 100万通貨=10.0ロット
  • 1000万通貨=100.0ロット

「エントリー」だけでなく、「決済」でもカウントされるようなので、10万通貨(1ロット)でエントリーした場合、決済(利益確定 or 損切り)した時点で20万通貨(2ロット)となります。

つまり、10万通貨(1ロット)でエントリー&決済を月50回行えば1000万通貨(100ロット)となります。(1000万 ÷ 20万 = 50)

私の場合、1エントリー3万通貨(0.3ロット)にしているので、エントリー&決済で6万通貨(0.6ロット)となるので、月166.66回のトレードが必要となるので、ちょっと厳しいかもしれません。。(1000万 ÷ 6万 = 166.66..)

スイングトレードの人には厳しいかもしれませんが、スキャルピングをしているトレーダーの方なら超えられる範囲なのではないでしょうか?

2)前月のお取引金額がUSD3000万通貨相当超え

こちらは月3000万通貨(300ロット)なので、かなりやりこんでいる専業トレーダーじゃないとクリアできない水準かもしれません。

内容は上の「前月のお取引額がUSD1000万通貨相当超え」で届くコラムに加えて、「大口のお客様へのレポート配信」が送られてきます。

「大口のお客様へのレポート配信」の内容は以下の通りです。

  • 前月の収益額上位10位のお客様の1日当たりトレード件数
  • 最大ポジション数
  • 取引通貨ペアの種類

こういった結果を出しているトレーダーの情報はあまり表に出ない情報なので、かなり貴重な気もします。

Oanda Japan(オアンダジャパン)は他社FX業者のように広告にお金をあまり使わず、トレードで勝つために必要なツールなどを作るために資金を投入しているので、日本での知名度はあまり高くないかもしれません。

しかし、Oanda(オアンダ)は日本だけでなく世界で展開しているFX業者ですし、歴史もあるので、私はOanda Japan(オアンダジャパン)を使っています。

以下の記事に詳しく書いてますが、日本でMT4が使える数少ないFX業者でもあります。

FXトレードでMT4が使える国内証券会社と海外証券の最大のデメリット

2017年2月17日

FX業者によってはシステムが脆弱で、相場が大きく動いた時に大幅なスリッページ(為替レートが一方向にすべる)が起こってしまい、強制ロスカットされるケースも過去にはあったので、業者選びは慎重に行った方がいいと思います。

私は先日、FXトレーダーの集まりに参加してきたのですが、結果を出している人でOanda Japan(オアンダジャパン)のMT4でトレードしている人の割合が高いと感じました。

信じられない額を稼いでいるトレーダーともお話する機会がありましたが、その人もOanda Japan(オアンダジャパン)でMT4でトレードしていました。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です