FXトレードでMT4が使える国内証券会社と海外証券の最大のデメリット

Pocket
LINEで送る

現在、私は海外証券の「XM」を使っていますが、ここを選んだ理由は「MT4(MetaTrader4)」が使えるからです。

私がFXトレードを開始した去年の段階では、日本の証券会社でMT4が使える会社があることを知らず、海外証券に口座を開きました。

海外証券はレバレッジが日本に比べて大きい(XMなら最大888倍、日本は25倍)というメリットがありますが、その反面、税制的なデメリットがあります。(年収700万以上の人なら)

海外証券の最大のデメリットは税金

海外証券の最大のデメリットは税金です。

そもそもですが、日本の税金は大きく分けると以下の2種類に分けることができます。

  1. 総合課税
  2. 分離課税

分離課税は確定申告が必要ない「源泉分離課税」と必要ある「申告分離課税」に分かれます。

たとえば、銀行預金の利息は「利子所得」となり「源泉分離課税」となるので、自分で税金を申告するのではなく、自動的に税金が引かれた額が振り込まれます。

利息を受け取ったとき(利子所得)|所得税|国税庁

FXや株の利益は「キャピタル・ゲイン」なので、「申告分離課税」となり、確定申告で自分で申告し、自分で納税する必要があります。

外国為替証拠金取引(FX)の課税関係|所得税|国税庁

「総合課税」と「分離課税」の最大の違いは「税率」です。

総合課税は所得税が5%〜45%の7段階に分かれ、住民税が一律約10%なので、合計15%〜55%となります。

所得税の税率|所得税|国税庁

住民税 – Wikipedia

総合課税は累進課税なので、所得が多い人ほど税率は上がります。

一方、分離課税の税率は一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)+住民税5%)です。

どんなに会社の給料が高い人でも、株やFXで儲かった利益に対しては、たったの20.315%しか税金がかからないのです。

しかし・・・これは国内証券会社においてであり、海外証券では総合課税の雑所得になってしまうのです。

つまり、累進課税の枠組みの中に利益が入ってしまうということです。

年収1000万円ある人が海外証券のFXで年間500万円の利益を出したら、1500万円に対して税金が課税されます。

累進課税なので、課税所得が上がるほど税率も上がります。

つまり、海外証券の場合の、儲かって所得が増えても、税率が上がって税金も増えてしまうのです。

国内の証券会社なら、会社の給料とは別枠で一律20.315%で課税されるのに。(分離課税)

これが海外証券を使い一番のデメリットであり、マイナス点です。

ただし、これに当てはまらない人もいます。それは、本業の収入が低い人や無職の人です。

元の収入が低い人で、FXでの年間収入も330万円以下なら海外証券の方が税率が20.315%よりも低くなる場合もあります。

つまり、日本ですでに所得が高い人なら、海外証券を使うと税金面でかなり損をするということです。

控除額を含めた私の計算だと年収700万円くらいが1つのラインになると考えています。

日本で所得が低い人なら、レバレッジが高いぶん海外証券の方がいいかもしれませんが、FXでかなり稼げるようになると税率も累進課税でどんどん上がり、手元に残る比率が低下していきます。

ただし、最初に触れたように、日本ではレバレッジが25倍しかありません。

一方、海外証券で有名なXMのレバレッジは最大888倍です。

レバレッジが大きい分、強制ロスカットに合う確率は減らすことができます。

少ない資金しか用意できない人なら、レバレッジが大きいほど強制ロスカットに合う確率が減ります。

資金が少ない人で、日本の証券会社でFXをすると、強制ロスカットに合う確率が増えます。

なので、現時点で本業の収入が少なく、FXで運用できる手元資金も少ない(100万円以下)なら、レバレッジが最大888倍のXMのような海外証券を選んだ方がいいケースもあります。

特に、XMの場合、口座開設で3000円受け取れるだけでなく、入金ごとに20%のボーナスクレジットが受け取れるというメリットがあります。

これは意外とバカにできません。

というのも、10万円入金すれば2万円、100万円入金すれば20万円のボーナスクレジットが受け取れ、このボーナスクレジットもFXのトレードに使えるからです。

私は70万以上のボーナスクレジットを受け取りました。

手元資金が厚くなるぶん、強制ロスカットにかかる確率を減らせるので、心理的に追い込まれずにトレードに取り組むことが可能になります。

海外証券は3年間の損益通算ができない

また、海外証券の場合、日本の証券会社でできる3年間の損益通算ができません。

上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除|所得税|国税庁

国内証券なら、過去3年に遡って利益と損失を損益通算できますが、海外証券ではこれができません。

私は去年、70万ほどの損失を出しましたが、今年仮に500万の儲かっても、この500万円に対して税金がかかります。

もし、日本の証券会社なら損益通算でき、430万円に対して課税されたことになります。

ただ、これからFXを始めようと思っている人は、負ける前提で始めるワケではないと思うので、勝つことだけにフォーカスしている人にとっては、この部分はあまり気にならないかもしれません。

勝てばいいだけという話です。

私も最初は気になりませんでした。それよりも、海外証券のレバレッジが大きいことにメリットが感じました。

XMは日本では無登録業者

私が使っている海外証券の「XM」は日本では無登録業者です。

無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください:金融庁

そもそも、日本に拠点を置いていない金融業者は日本では登録できないので、これは当たり前と言えば当たり前なのですが。

また、あえて無登録業者を選ぶことで、レバレッジ25倍の規制を受けずに運営できるという点もあります。日本で登録業者になってしまうと、レバレッジは25倍までになってしまうからです。

私としては、「XM」はサポートもしっかりしているし、入金も早いので信頼のおける会社という認識ですが、日本には拠点がないので金融商品取引業の届け出は出せません。よって、日本では無登録業者という扱いです。

NDD(No Dealing Desk)の証券会社を使いたい

私が「XM」を選んだ主な理由は以下の2点です。

  • MT4が使える
  • NDD(No Dealing Desk)

去年の段階では、私は国内でMT4が使えるFX証券会社があることを知りませんでした。でも、今は数社で使えることが分かっています。

さらに、私にとって重要なのが「NDD(No Dealing Desk)」の証券会社を使いたいということです。

日本の証券会社では「DD(Dealing Desk)」が一般的で、「NDD(No Dealing Desk)」は少ない印象です。

証券会社内に「DD(Dealing Desk)」があると、ディーリングルームで人間の手が加わるので、利用者(トレーダー)にとって不利な取引が起こる可能性が存在します。

DD(Dealing Desk)
トレーダー → FX業者 → カバー先(インターバンク)

「DD(Dealing Desk)」は利益相反(一方の利益になると、同時に他方への不利益になること)の可能性が存在してしまいます。

たとえるなら、パチンコです。パチンコ屋は客が儲かるほど店は儲かりません。

そして、トレーダーは「DD(Dealing Desk)」内でのやり取りを確認できないので、透明性は低いと言えます。

2016年年6月にイギリスでUE離脱(ブレグジット)が起こりましたが、この時にドル円は1ドル99円まで急落しました。

しかし、日本で有名な○○証券(あえて名前は伏せます)では1ドル97円を付け、多くの人が強制ロスカットされました。

逆に、「NDD(No Dealing Desk)」ならカバー先であるインターバンクに直結なので、人間の手が入ることがなく、完全自動処理されます。

NDD(No Dealing Desk)
◎トレーダー → カバー先(インターバンク)

「NDD(No Dealing Desk)」の方が利用者であるトレーダーにとっては、透明性が高い構造ということです。

また、「NDD(No Dealing Desk)」にはECN(Electronic Communications Network)とSTP(Straight Through Processing)の2種類あり、最初にECNができて、STPはECNの弱点を補ったものです。

「NDD(No Dealing Desk)」と「DD(Dealing Desk)」の違いは、以下の記事を読むと理解できると思います。

MT4が使える日本国内のFX証券会社(2017年2月現在)

というわけで、私は「日本国内の証券会社」「MT4が使える」「NDD(No Dealing Desk)」という3つの条件で証券会社を乗り換えることを検討しています。

とりあえず、MT4が使える国内証券業者をピックアップしてみました。

FX会社 私が利用している証券会社
OANDA Japan
FOREX.com FXTF 外為ファイネスト 楽天MT4口座
スプレッド USD/JPY:0.4
EUR/USD:0.5
EUR/JPY:0.7
USD/JPY:1.5-3.0
EUR/USD:1.7-2.7
EUR/JPY:1.9-5.6
USD/JPY:0.3
EUR/USD:0.8
EUR/JPY:0.6
USD/JPY:0.4-1.2
EUR/USD:0.4-1.0
EUR/JPY:0.5-1.6
USD/JPY:0.5
EUR/USD:0.6
EUR/JPY:1.1
取引方法 NDD(STP) DD(Dealing Desk) DD(Dealing Desk) NDD(STP) DD(Dealing Desk)
サーバー ニューヨーク
東京
米国 国内 国内 国内
信託保全 三井住友銀行 ドイチェ信託株式会社 日証金信託銀行株式会社 三井住友銀行 三井住友銀行
自己資本比率 610.3%
(2016年11月)
660.1%
(2016年9月)
418.1%
(2017年1月)
396.4%
(2016年12月)
472.5%
(2016年12月)
国内住所 東京都千代田区麹町3-6 住友不動産麹町ビル3号館 4F 東京都中央区日本橋室町4-4-10 東短室町ビル 3F 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル 4F 東京都千代田区丸の内2-2-2 丸の内三井ビルディング 東京都世田谷区玉川 1-14-1
設立・日本社名 1996年(アメリカ)
2004年(日本・OANDA Japan株式会社)
1999年(アメリカ)
2009年(日本・ゲインキャピタル・ジャパン株式会社)
2006年(日本・株式会社FXトレード・フィナンシャル) 1999年(日本・外為ファイネスト株式会社) 1999年(日本・楽天証券株式会社)
グループ会社の拠点 米国、シンガポール、カナダ、英国、香港、オーストラリア、インド 世界180ヵ国 日本 香港、東京、台北、シドニー、オークランド、ロンドン、ドバイ 日本

こうやって見てみると、3つの条件全てを満たすのは「OANDA Japan」と「外為ファイネスト」だけとなります。

というわけで、まずは「OANDA Japan」で口座開設をしてみて、実際にトレードしてみて乗り換えるかどうかを決めてみたいと思います。

Oanda Japan(オアンダジャパン)口座開設・MT4用のアカウト作成・入金・トレード開始までの流れ

「OANDA(オアンダ)Japan」の口座開設からトレード開始までの一連の流れを以下の記事にまとめていますので、もしよかったら参考にして下さい。

Oanda Japan(オアンダジャパン)の口座開設の手順、最短で口座開設するなら郵送よりも画像アップロード

2018年10月2日

↑口座開設について。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーと東京サーバーの違い、全く初心者ならNYサーバーが向いている理由

2018年10月3日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)には「NYサーバー」と「東京サーバー」がありますが、両者の違いについて。

Oanda Japan(オアンダジャパン)でMT4(MetaTrader4)を使うにはサブアカウント(NYサーバー/東京サーバー)を作る必要がある。

2018年10月4日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)を作る手順。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のダイレクト入金ならすぐに即時入金される、その手順と対応銀行

2018年10月5日

↑作ったサブアカウント(サブ口座)に入金すれば、トレード開始です。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーから東京サーバーへ資金移動完了、その手順とMT4でのログイン

2018年10月1日

↑「NYサーバー」のアカウトから「東京サーバー」のアカウントに資金を移動。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です