2017年2月14日のFRBイエレン議会証言と要人発言、利上げに対してタカ派発言でドル高に

Pocket
LINEで送る

昨日は24時からFRBイエレン議長の議会証言がありました。

私はブルームバーグで議会証言の様子を見ながらトレードしました。

昨日は今年最大の23,850円の利食いができましたが、損切りできずに含み損を抱えているエントリーも未だに保有中でちょっとヤバイ感じです。。

ドル円15分

ドル円15分

昨日はイエレン議長の議会証言までは、どちらかと言うと、緩やかに下にさがっていたのですが、議会証言の30分前から急に上に上がりだし、議会証言が始まるとさらに上昇し、2時間後に天井を付けました。

結局、1円以上も上昇しました。

しかし、私は途中でSELLしたのをロスカットできずに、現在も保有中というダメなパターンに陥っています・・・。

FRBイエレン議長の議会証言

私はブルームバーグのライブTVで見ていたのですが、議会証言って30分くらいで終わると思っていたのですが、2時間以上やっていました。。私は深夜2時くらいまで起きていました。

FRB議長、年前半の利上げに意欲 3月含め「数回で判断」 (写真=ロイター):日本経済新聞

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は14日、米上院銀行委員会で証言し、焦点の追加利上げは「今後数回の会合で判断する」と述べた。3月中旬の次回会合も排除せず、年前半の金融引き締めに意欲をみせたものだ。トランプ政権の財政拡張策には「長期的な経済成長や持続可能な財政収支との両立が重要だ」と注文を付けた。

イエレンFRB議長:経済が軌道維持すれば一段の利上げ必要に – Bloomberg

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、経済が緩やかなインフレ率上昇や労働市場の引き締まりという金融当局の見通しと一致すれば、一段の利上げが適切になるとの認識を示した。

米FRBは利上げ継続へ、待ち過ぎは賢明でない=イエレン議長 | ロイター

イエレン議長は証言で、雇用市場が一段と引き締まりインフレ率が目標とする2%に向け上昇していくとFRBが予想していることに言及し、「緩和措置の解除を待ち過ぎることは賢明ではない」と指摘。利上げを遅らせれば後手に回り、結果的に速いペースでの利上げを余儀なくされ、リセッション(景気後退)を招く恐れがあるとした。

ただ、FRB当局者が年内に3回の利上げが正当化されると予想しているかについては言及しなかった。また、今年初めての利上げが次回3月会合で決定されるのか、その次の6月会合になるのかについても明言を避け、議長は「3月か5月か、それとも6月か。具体的な時期は言えない」とした。アナリストの間では6月会合が有力との見方が大勢となっている。

要人発言

昨日は、FRBイエレン議長の議会証言と時を同じくして、複数の要人発言もありました。

みなさん、概ね利上げに対して前向きな発言です。

イエレンさんの利上げに対する予想以上のタカ派な発言を受け、ドル円は一気に上昇。

ドル円5分

ドル円5分

昨日はイエレン議会証言のちょうど30分前から大きく上昇開始しました。

まるで、インサイダー情報でも持っていたかのように・・・。

後付ですが、23:30の大きな上昇が予兆だったと見ることができます。

昨日のFXトレード成績

取引 ロット エントリー価格 決済価格 pips 損益
BUY 1.0 113.444 113.534 9.0 +9000
BUY 0.20 113.515 113.534 1.9 +380
BUY 0.20 114.125 114.146 2.1 +420
BUY 0.50 113.972 114.107 13.5 +6750
BUY 1.00 114.260 114.333 7.3 +7300
合計損益 +23,850

私は今月は0.2ロットでトレードしているのですが、昨日はなぜか1.0でイフダンが入ってしまい、でも、それが功を奏しました。

やっぱり、ロット1.0だと利益も大きいですね。

今はまだ下手くそなので標準ロットを1.0にはできませんが、今後、1ヶ月ごとに0.1ずつロットを上げていく予定なので、10月には標準ロットが1.0になる予定です。

その頃までに、今までの損失をカバーできていたらいいのですが・・・。

今月は昨日までで3万円ほどプラスですが、昨日ロスカットできなかったエントリーの含み損も現在3万円ほどなので、ちょっとヤバイ感じです。。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です