OANDA(オアンダ)の通貨ペアごとのスワップ金利、どの通貨ペアのスワップ金利が高いのか?

Pocket
LINEで送る

大きな含み損を抱えて以来、ここ最近、トレードをほどんどしていません。

今月も入ってくるのはスワップ金利のみです。

ただ、よーく考えてみると、このスワップ金利はFXをやっていなかったら入ってきていない収入です。

含み損は抱えていますが、お金に働いているもらっている状態を作れています。

GWは仕事せずに遊んでいても、FXでポジションを持っていれば、お金にお金を稼いできてもらえる状態でいられます。(マイナススワップならダメですが。)

私の場合、ロットが0.9ロットと少ないので、毎日145円程度ですが、もしこれが10倍の9ロットなら1日に付き1,450円、1ヶ月で43,500円にもなります。

私は現状ではドル円しかトレードしませんが、もっとスワップ金利が高い通貨ペアなら、さらなるスワップ金利の恩恵を受けられます。

そこで、私が使っているOANDA(オアンダ)で通貨ペアごとのスワップ金利を調べてみました。

OANDA(オアンダ)で通貨ペアごとのスワップ金利の調べ方

OANDA(オアンダ)では、通貨ペアごとのスワップ金利は以下のページでチェックできます。

Currency Interest Rates | OANDA

英語ですが、扱いは簡単です。

まず、各項目を以下のように設定します。この項目以外はいじりません。

  • Account Currency:JPYを選択
  • Interest Type:Tradeを選択
  • Currency Pair:通貨ペアを選択 (例)USD/JPY
  • Action:「Buy/Long」か「Sell/Short」を選択
  • Number of Units:0.1ロットなら10000、1ロットなら100000と入力
  • Hours Held:1日なら24、2日なら48、3日なら72と入力

設定したら、「Calculate」ボタンをクリックすると、「Interest Earned (JPY)」にスワップ金利が表示されます。

下の「Interest Calculator」でも簡単にチェックできます。

OANDA(オアンダ)での通貨ペアごとのスワップ金利(24時間、1ロット、対円)

では、通貨ペアごとのスワップ金利(円)をチェックしてみたいと思います。

前提として「24時間、1ロット、対円」にします。

ちなみに、スワップ金利は日に日に変化します。以下の数値は2017年5月5日(金)のものです。

スワップ金利が高い順
通貨ペア スワップ金利(Buy/Long) スワップ金利(Sell/Short)
TRY/JPY
トルコリラ
732.83 1112.17
AUD/JPY
豪ドル
203.97 -521.26
NZD/JPY
ニュージーランドドル
173.5 -595.39
ZAR/JPY
南アフリカランド
123.3 -182.7
USD/JPY
米ドル
122.83 -399.21
MXN/JPY
メキシコペソ
76.29 -126.88
PLN/JPY
ポーランドズウォティ
35.88 -195.35
CNY/JPY
人民元
12.53 -213.09
INR/JPY
インドルピー
7.64 -26.62
THB/JPY
タイバーツ
2.21 37.65
NOK/JPY
ノルウェイクローネ
0 -70.46
CZK/JPY
チェココルナ
-3.14 -58.45
CAD/JPY
カナダドル
-11.14 -245.02
TWD/JPY
台湾ドル
-20.16 -19.18
HKD/JPY
香港ドル
-21.7 -57.21
DKK/JPY
デンマーククローネ
-26.77 -63.97
SEK/JPY
スウェーデンクローナ
-29.52 -39.93
GBP/JPY
英ポンド
-79.33 -238
SAR/JPY
サウジリヤル
-85.95 -241.47
SGD/JPY
シンガポールドル
-136.85 -301.08
EUR/JPY
ユーロ
-253.06 -185.58
CHF/JPY
スイスフラン
-544.81 -46.7
XAG/JPY
-4017.41 -6026.12
XPT/JPY
プラチナ
-65310.38 -629480.86
XPD/JPY
パラジウム
-181348.3 -435482.64
XAU/JPY
金価格
-662757.7 -435526.49

プラスのスワップ金利を赤字にしたのですが、意外と少ないことに改めて気づきました。

スワップ金利狙いという意味では、以下の5つの通貨ペアだけになるのではないでしょうか?【】内はスプレッドです。

  • TRY/JPY(トルコリラ)【8.0】:Buy/LongとSell/Short
  • AUD/JPY(豪ドル)【1.0】:Buy/Long
  • NZD/JPY(ニュージーランドドル)【1.8】:Buy/Long
  • ZAR/JPY(南アフリカランド)【1.3】:Buy/Long
  • USD/JPY(米ドル)【0.4】:Buy/Long

トルコリラはスワップ金利がBuyもSellも高いですが、スプレッドも8.0とめちゃくちゃ高いですね。。

スプレッドまで考慮すると、スワップ金利狙いの通貨ペアでは「豪ドル/ニュージーランドドル/南アフリカランド/米ドル」あたりが無難といったところでしょうか。

さらに、流動性まで考慮すると、南アフリカランドを抜いた「豪ドル/ニュージーランドドル/米ドル」となりまでしょうか。

そういえば、リーマンショックがあった時に、私の友人はスワップ金利狙いで南アフリカランドを持っていたのですが、リーマンショックでロスカットされ、150万円ほど失っていました。

どんなにスワップ金利が高くても、ボラが高いとリスクは大きいです。

私の場合、今はドル円を極めることに集中し、こちらでちゃんと勝てるようになったら、スワップ金利狙いのAUD/JPY(豪ドル)も挑戦してみたいと思っています。

昔、オーストラリアにワーホリで住んでいたので、豪ドルには馴染みがありますので。

ニュージーランドドルも豪ドルと連動するところがあるので、両方ともポジションを取るのもありかもしれません。

OANDA(オアンダ)での通貨ペアごとのスワップ金利(24時間、1ロット、対米ドル)

ちょっと気になったので、同じ状況で「対米ドル」に対するスワップ金利も主要通貨のみでチェックしてみました。

スワップ金利(対米ドル)
通貨ペア スワップ金利(Buy/Long) スワップ金利(Sell/Short)
EUR/USD
ユーロ
-556.71 84.34
AUD/USD
豪ドル
0.02 -339.96
NZD/USD
ニュージーランドドル
-16.32 -426.65
USD/CAD
カナダドル
-92.1 -291.73
GBP/USD
英ポンド
-436.29 79.31
USD/MXN
メキシコペソ
-2179.13 1181.52
USD/CHF
スイスフラン
199.6 -813.73
USD/ZAR
南アフリカランド
-2252.71 1409.46

OANDA(オアンダ)Japan 公式サイト »

Oanda Japan(オアンダジャパン)口座開設・MT4用のアカウト作成・入金・トレード開始までの流れ

私は現在、「OANDA(オアンダ)Japan」で世界標準の取引ツール「MT4(MetaTrader 4)」を使ってFXトレードをしています。

「OANDA(オアンダ)Japan」の口座開設からトレード開始までの一連の流れを以下の記事にまとめていますので、もしよかったら参考にして下さい。

Oanda Japan(オアンダジャパン)の口座開設の手順、最短で口座開設するなら郵送よりも画像アップロード

2018年10月2日

↑口座開設について。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーと東京サーバーの違い、全く初心者ならNYサーバーが向いている理由

2018年10月3日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)には「NYサーバー」と「東京サーバー」がありますが、両者の違いについて。

Oanda Japan(オアンダジャパン)でMT4(MetaTrader4)を使うにはサブアカウント(NYサーバー/東京サーバー)を作る必要がある。

2018年10月4日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)を作る手順。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のダイレクト入金ならすぐに即時入金される、その手順と対応銀行

2018年10月5日

↑作ったサブアカウント(サブ口座)に入金すれば、トレード開始です。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーから東京サーバーへ資金移動完了、その手順とMT4でのログイン

2018年10月1日

↑「NYサーバー」のアカウトから「東京サーバー」のアカウントに資金を移動。

私が使っているFX業者について

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)⬇」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

⬆詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。⬇

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です