2018年10月米雇用統計は予想を上回る結果に。寝ている間に指値にかかり+4512円

Pocket
LINEで送る

昨日はお昼すぎのブルームバーグの報道、21:30の米雇用統計、25:00のロンフィクでドル円が大きく変動しました。

中でも、マーケットが大きく反応したのがブルームバーグの報道です。

トランプ大統領が中国との貿易合意の草案作成を要請 – Bloomberg

トランプ米大統領はアルゼンチンで今月行われる20カ国・地域(G20)首脳会議で貿易について中国の習近平国家主席と合意に達したい考えで、想定される条件の草稿の作成を開始するよう重要閣僚に求めた。事情に詳しい関係者4人が明らかにした。
中国との合意をにらんだ動きは、大統領が習主席と1日に電話で話したことから始まったと関係者らが述べた。内部協議だとして匿名を条件に語った。トランプ大統領は電話会談後に、「時間をかけた非常に良い」対話だったとし、貿易を巡る協議は「うまく進展している」とツイートしていた。

ブルームバーグではよく「関係者」とか「匿名を条件に」といったインサイダー的なニュースが報道されます。

おそらく、記者が持つ独自のネットワークから得た情報か何かだと思われます。

この本当だかよく分からない報道に、マーケットはよく反応します。

しかし、NYタイムでこの報道はカドローNEC委員長に否定されました。

トランプ政権、対中貿易協定案の策定指示せず=NEC委員長

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は2日、CNBCテレビとのインタビューで、トランプ政権が当局に対中貿易協定案の策定を指示した事実はないと明言し、当初の報道内容を否定した。また米中2国間の交渉の行方について、以前ほど楽観視していないとの考えを示した。

米中首脳会談は今月アルゼンチンで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて行われ、通商問題が議題になると確認。協議の結果次第で中国製品にさらなる関税をかけることは「あり得る」とした。

どちらが真実なのか分かりませんが、米中の貿易戦争は今後もまだまだ予断を許さない状況が続きそうです。

FXで利益を上げるためには、予想をするのではなく、ひたすら値動きに付いていくという姿勢が求められそうです。

昨日は2日前から保有していたドル円のBUYエントリー(0.3ロット)が寝ている間に指値にかかり、スワップポイントを含めて+4,512円となりました。

スワップポイントは2日分なので、1日分だと456円ということになります。

最近のドル円は多くのスワップポイントがつくので、土日を持ち越しでもいいと思い(スワップポイントはマーケットが閉じている土日でもつくので)、昨日の最高値に指値ラインを置いておいたのですが、ロンフィク後に最高値を更新する展開となりました。

ただ、来週火曜日は米中間選挙があるので、その前にポジションフリーになっておいてよかったかもしれません。

2018年10月の米雇用統計

昨日は21:30に米雇用統計が発表され、予想を上回る結果となりました。

米賃金 10月3.1%増 9年半ぶり水準 雇用25万人増:日本経済新聞

10月の雇用者数の伸びは前月(11万8千人)から大きく改善し、市場予測(19万人程度)も上回った。失業率は3.7%と前月と変わらないが、約48年ぶりという歴史的な低水準を維持している。

伸び悩んでいた賃金も上向いてきた。平均時給は27.30ドルに高まり、伸び率は2009年4月(3.4%)以来の9年6カ月ぶりの水準に到達した。賃上げがサービス価格などの押し上げにつながり、インフレ圧力を強める可能性もある。

米雇用統計:10月の雇用者数、予想上回る伸び-平均時給3.1%増 – Bloomberg

10月の米雇用統計で平均時給は前年同月比3.1%増と、2009年以来の大きな伸びを記録。非農業部門雇用者数は市場予想を上回る増加で、失業率は約半世紀ぶりの低水準となった前月の値を維持した。中間選挙を控え、トランプ大統領にとっては追い風。米金融当局としては利上げ継続の根拠となる。

「U6」と呼ばれる不完全雇用率は7.4%に低下。前月は7.5%だった。U6にはフルタイムでの雇用を望みながらもパートタイムの職に就いている労働者や、仕事に就きたいとは考えているものの積極的に職探しをしていない人が含まれる。

米雇用統計、賃金伸び9年半ぶり高水準:識者はこうみる | ロイター

注目すべき点が3つあった。まず、賃金がゆっくりと加速していること。2つ目は、雇用が減った業種がなかったことで、裾野の広い力強さを示した。3つ目は、3カ月平均の雇用の伸びで、依然、月20万人を大幅に上回っており、引き続き米経済、特に労働市場の強さを示唆している。

私が利用している「Oanda Japan(オアンダジャパン)」のドル円15分足のチャートです。

昨日の雇用統計では予想を上回る結果を受け、ドル円は一旦上昇しましたが、それほど伸びず、その後は下落していきました。

雇用統計の結果を受け、米10年債利回りは3.2%台まで上昇しています。

昨日のドル円のチャートを見て思ったことは、なかなか1ドル113円台が定着しないということです。

来週の米中間選挙をにらみ、1ドル113円台ではBUYエントリーを保有しておきたくないという投資家の心理が反映されているのかもしれません。

ただ、ロンフィク前後で113円台に上昇し、113.3円の最高値を付けました。

来週はとうとう米中間選挙という今年最大の政治イベントがあります。

政治予想サイトから見る2018年米中間選挙のコンセンサス、上院は共和党、下院は民主党のねじれ議会か?

2018年10月19日

ドル円が上にいくのか、下にいくのか分かりませんが、へたな予測は意味をなさないと思うので、値動きからマーケットの心理を探りつつ、エントリーしていきたいと思っています。

2016年の大統領選の時のように大損しないように気をつけたいと思います。

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。

XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下に記事で触れています。(意外と盲点です)

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)の口座開設をしたい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

現在、私はマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいのでXM(エックスエム)に10万円だけ入金してトレード技術を磨いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です