FXで海外証券を使う使わないに限らずネットバンクは手数料無料が多い住信SBIネット銀行とソニー銀行がおすすめ

Pocket
LINEで送る

私は複数の銀行に口座を開設していますが、現在主に使っているのは3行のみです。

1つは子供の頃から使っているメガバンクですが、現在は「イデコ(iDeco)」と「つみたてNISA」の引き落とし口座としての利用がメインとなっています。あとは、国民年金の引き落とし口座に使ったり。

「普段使い」という意味では「住信SBIネット銀行」と「ソニー銀行」の2行がメインバンクとなっています。

「住信SBIネット銀行」は個人口座として、「ソニー銀行」は仕事用口座として分けて使っています。

分けることでプライベートと仕事の入出金が一目瞭然になるからです。

クレジットカードも2枚をプライベート用と仕事用で分けて使い、プライベート用カードは「住信SBIネット銀行」、仕事用カードは「ソニー銀行」を引き落とし口座に設定しています。

メガバンクとネット専業銀行(ネットバンク)では、「ATMの引き落とし手数料」や「振込手数料」という面で圧倒的にネット専業銀行(ネットバンク)にお得感があります。

メガバンクのみを使っていた時は「手数料を払うのが当たり前」でしたが、ネット専業銀行(ネットバンク)を使ってからは「手数料を払わないのが当たり前」になりました。

ネットバンク一覧

日本のネットバンク(ネット専業銀行)は上記のように複数ありますが、FXや株式投資をやっているなら「住信SBIネット銀行」と「ソニー銀行」を選んでおけば間違いないと個人的には思います。

XM(エックスエム)」のような海外証券からの海外送金でも「被仕向け送金手数料」が安いことは以下の記事に書いた通りです。

XMから資金を出金、申請から2営業日で日本の銀行に海外送金完了。手数料は1750円

2017年11月1日

ちなみに、住信SBIネット銀行のパソコンの管理画面はこんな感じです。

今年(2019年)に入ってデザインがリニューアルされて先進的な雰囲気になりました。

スマホアプリのデザインはこんな感じです。

ソニー銀行のパソコンの管理画面は昔から変わらずシンプルです。

スマホアプリは宇宙っぽいルックになっています。今月はすでに振込を1回したので、「振込無料残」は0回になっています。

どちらも、堅苦しい雰囲気のメガバンクにはない今っぽさを感じますが、銀行としての機能はメガバンクと全く変わりません。

住信SBIネット銀行とソニー銀行の手数料を比較

「住信SBIネット銀行」も「ソニー銀行」も預金額などでランク付けがあり、ランクによって手数料が無料になる月回数が変わってきます。

2019年6月時点
ランク ATM利用手数料
無料回数
振込手数料
無料回数
住信SBIネット銀行
スマプロランク
ランク1
ランク2(月末残高30万円)
ランク3
ランク4
月2回
月5回
月7回
月15回
月1回
月3回
月7回
月15回
ソニー銀行
(優遇プログラム Club S)
ステージなし
シルバー(月末残高300万円)
ゴールド
プラチナ
月4回
月7回
月15回
何度でも無料
月1回
月3回
月5回
月10回

どちらも、一番下のランクでも振込手数料が月1回は無料ですし、ATM利用手数料も月2回以上無料です。

私の場合、現金払いを全くしなくなったので、ATM利用手数料はそれほど重視しません。

振込は平均月イチペースで利用することがあるので、1回でも無料回数があるとありがたいです。

住信SBIネット銀行の場合、月末残高が30万円あれば「ランク2」に、300万円あれば「ランク3」になります。

ソニー銀行の場合はもうちょっとハードルが高くて、2番目の「シルバー」ですら月末残高は300万円以上必要になります。

また、ソニー銀行の場合、アメリカンエクスプレス(アメックス)の引き落とし口座として対応していないので、クレジットカードがアメックスの人は利用価値は低いかもしれません。

私の場合、余裕資金ができたら証券会社にIPO資金として入金してしまうので、銀行残高は常に少ないのですが、それでも「振込手数料無料」の恩恵は月1回は受けられます。

昔はランクを上げようと外貨預金などもやったことがありましたが、外貨預金をやるならFXをやった方がずーと効率的と思い、今は外貨預金は全くやっていません。

外貨預金はレバレッジが効かないので、本当に儲からないというか時間のムダだと思います。

FXの方がキャピタルゲインもインカムゲインもより狙えます。

銀行にたくさん預金するくらいなら、「XM(エックスエム)」に10万円でも入金すれば、レバレッジ888倍で8880万円もの取引が可能です。30万円なら2億6640万円という信じられない金額の取引も可能です。(300,000 × 888 = 266,400,000)

でも、フルレバレッジでやったら一瞬で資金を溶かす可能性もあるので、小ロットで余裕を持ってトレードすることをオススメしますが。

レバレッジが大きいとリスクも高いと思う人も多いようですが、FXの場合、リスクはロットで調整可能です。

欲張って大きなロットでエントリーせず、大きなレバレッジで小さなロットでトレードすれば、強制ロスカットにかかるリスクは逆に減らせます。

「XM(エックスエム)」なら口座開設で3000円、入金ごとに20%のボーナスクレジットも受け取れるので、10万円を入金すると2万円のボーナスクレジットで合計12万3000円からFXが始められます。(スタンダード口座がおすすめ)

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です