2017年9月21日のFOMC議事要旨、12月利上げを示唆する内容でドルが1円以上上昇

Pocket
LINEで送る

昨日というか、日本時間では深夜3時だったので今日なのですが、FOMC議事要旨がありました。

私は3時まで起きていようと思ったのですが、23時頃に睡魔に襲われたので、2時間ほど仮眠して、25時(深夜1時)に起床。

そこから、1時間ほどお風呂でYouTubeを見ながら眠気を覚まし、26時(深夜2時)からパソコンの前で待機。

Bloombergの動画を見ながら、チャートをチェックして、27時(深夜3時)のFOMC議事要旨が始まるのを待ちました。

結果的には、マーケットにタカ派的な内容と受け止められ、米10年債利回りの上昇と共に、ドル円も上昇。

1円以上も上昇し、112円台まで乗せました。

今月始めには100万円近くあった私の含み損も、今は11万円くらいまで減っています。

BUYで含み損を抱えている私としては、この勢いで1ドル115円くらいまで行って欲しいと思っているのですが、そんな簡単には上昇は続かないと思います。

とりあえず、2017年9月21日のFOMC議事要旨の内容を振り返りながら、ドル円のチャートを見てみたいと思います。

2017年9月21日のFOMC議事要旨

ざっくりと、イエレンの記者会見での発言をまとめます。

  • 2008年の金融危機後から始まった量的緩和政策を終結し、2017年10月に保有資産縮小開始を決定。債券の保有量を段階的に減らす。
  • FF金利は年1.00〜1.25%に据え置き。
  • 物価変動は今後数年で2%付近に回復し、安定するとの見方を変えない。
  • 参加者16人中12人が年末までの追加利上げを予測。
  • ハリケーンの経済への悪影響は一時的なもの。

参考:
日本経済新聞:FRB、金融危機対応を脱却へ 米量的緩和導入9年
ロイター:米FOMC:識者はこうみる
Bloomberg:FOMC:保有証券縮小、10月開始-年内と来年の利上げ予測維持

マーケットは保有資産縮小については織り込み済みでしたが、最近の経済指標が良かったり悪かったりだったので、年内利上げ示唆はタカ派寄りと受け止められ、その結果、ドル円は大きく上昇しました。

FedWatchの12月13日の利上げ予想確率は現在、70.5%となっています。前日は56.6%だったのでだいぶ上がりました。

ただ、実際に12月に利上げするかどうかは今後の経済指標にも寄るかと思います。もし、年内利上げ見送りとなったら、今度は大きくドル安円高へと動きそうです。

ちなみに、FRBは2008年の金融危機以降、米国債や住宅ローン担保証券(MBS)を大量に買い入れ、保有する資産量が9,000億ドルから4兆5,000億ドルまで膨らみました。

2014年10月に買い入れ終了してからも、満期を迎えた債券や証券へ再投資し、資産量は維持しています。

しかし、とうとう、今年10月からは再投資も取りやめて保有資産を圧縮することになります。

FRBが手持ちの米国債を圧縮するということは、債券価格が下がる(=利回りは上がる)ということです。

日本の債券利回りはゼロ金利なので、米国債の利回りが上昇すれば、日米金利差拡大により、円売り・ドル買いの材料となります。

ただ、トランプ政権の不確実性や北朝鮮問題があるので、どうなるのかは分かりませんが・・・。

FOMCでのドル円チャートの動き

今度はチャートをチェックしてみます。

5分足です。

私はリアルタイムで見ていたのですが、最初少しだけ上に行き、その後、大きく下へ。それから、反動を付けるように上昇していきました。

私はある程度、上昇したところでBUYでエントリーしたのですが、上昇しきったところでエントリーしてしまい、結局、プラマイゼロで決済しました。

ただ、あのまま保有してたら、今日の午前中には50pips以上の含み益を抱えていたのがですが・・・タラレバですが。。

最近は、経済指標などが発表されるタイミングでは無理にエントリーしないようにしています。どちらに動くか分からないからです。

次に日足を見てみたいと思います。

年始に付けた最高値118.606から最安値107.325にフィボナッチリトレースメントを引いてみました。

50.0が112.959なので、113円手前で半値戻しになり、ここまでは上昇しても、ここからテクニカル的に売ってくる勢力もいそうです。

逆に、113円をはっきりと超えたら、テクニカル的にさらに上昇する可能性もありそうです。

61.8が前回高値である114.505付近なのも気になります。

ここまで上昇すれば、私の含み損も解消されるのですが・・・。

前回高値の114.505から最安値の107.325までフィボナッチリトレースメントを引いてみました。

76.4が112.794円です。

114.505を三点天井としてそこから下落するのか?

それとも、それを超えて上昇するのか?

もしくは、112円台を高値に北朝鮮リスクなどで下落していくのか?

とりあえず、今後もファンダメンタルズ重視よりも、移動平均線とダウに注目しながらトレードしていきたいと思います。

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。

XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下に記事で触れています。(意外と盲点です)

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)の口座開設をしたい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

現在、私はマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいのでXM(エックスエム)に10万円だけ入金してトレード技術を磨いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です