利益確定するのを我慢して伸ばして+8358円、ドル円は1ドル114円台に定着できず、年末はレパトリ減税でドル高円安か?

Pocket
LINEで送る

昨日は前日から抱えていたBUYエントリーを夕方5時まで保有して、指値にかかり+8358円で終えることができました。

前日から保有していたエントリーだったので、スワップ金利が228円ほどついています。

27.1Pipsですから、私としてはかなり取れた方になります。

1回のエントリーで8000円以上を利食いできたことはすごく嬉しいです。

私が利用している「Oanda Japan(オアンダジャパン)」のドル円15分足のチャートです。

昨日はお昼くらいからドル円がぐいぐいと上昇していきました。

私はこの上昇時に裁量で利食いそうになったのですが、いつも早すぎる利食いで後悔することが多いので、昨日はぐっと我慢して利益確定を引き延ばしました。

1ドル114円付近で3時間くらいもみ合いましたが、その後、114円を超えてさらに上昇していき、私の指値に刺さりました。

1つ反省点といえば、利益確定した後にすぐにSELLしなかったことです。

というのも、最近のドル円は1ドル114円台の滞空時間は非常に短いので、また1ドル113円台に戻る可能性が高かったからです。

ドル円4時間足のチャートです。1ドル114円台に赤丸をつけていますが、見ての通り、なかなか1ドル114円台に定着せず、すぐに113円台に引き戻されていきます。

昨日は8000円以上という額を利益確定できた満足感から、ちょっと油断してしまったようです。

利益確定後に、貪欲にSELLのタイミングを伺っていたら、30PipsくらいSELLで取れていたのですが。といっても、タラレバですが。。

今後、ドル円は1ドル114円台に定着することができるのでしょうか?それとも、米中貿易摩擦などのリスクオフ要因で円高に巻き戻されるのでしょうか?

そんなことを考えていたら、昨日の日経新聞に面白い記事がありました。

年末はレパトリ減税でドル需要が強くなりドル高円安か?

米大型減税、ドル高要因に 海外の利益還流 年末にかけ需給逼迫 追加利上げも後押し:日本経済新聞(2018/11/13)

「18年末のドル高は『レパトリ減税』が変数になる」。こう話す市場関係者が増えている。レパトリ減税は米企業が海外に滞留していた資金を自国に戻す際の税を優遇する措置。17年末成立の米税制改革に盛り込まれた。

これまで米企業が自国に戻す海外利益には税率35%が課されたが、税制改革により18年以降の利益は非課税となった。一方1986~2017年までに累積した利益は、自国還流してもしなくても8~15.5%の軽減税率で課税する。このため足元では米企業の資金還流の動きが増えている。

レパトリ減税によって税率が非課税になったり、減税されたりするので、米国企業は海外で稼いだ外貨を自国通貨であるドルに戻す傾向が強くなります。

「外貨を売ってドルを買う」という動きが増えるので、ドル高に動きやすくなります。

そもそも年末は海外資金の自国還流が多い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作氏は「18年はレパトリ減税の影響で海外資金を自国に戻し株主還元や債務返済に充てる例が増える」と予想する。同証券は、税制変更直後より増加ペースが鈍るとしても、7~12月の海外利益の自国還流は前年比1.5倍で推移するとみる。

例年、年末になるとドル需要は決算期を迎えることで増大する。需給逼迫はドル高圧力になる。

さらに、11月〜12月はドル需要が強い季節です。それは以下の記事に書いた通りです。

年間の為替動向、年間通して為替が動く月別の傾向・トレンド

2018年9月13日

日本企業の活発な海外M&A(合併・買収)も年末のドル需要を押し上げそうだ。M&A助言のレコフの過去5年の調べによると、企業のM&A数は10~12月期が1~3月期より2割近く多い。市場では株主に示した目標を実行するため、年末は駆け込みのM&Aが発生するとの見方もある。

最近は、日本企業の海外M&Aも増えています。しかも、額が過去のM&A案件と比較にならないほど巨額の買収もあります。

日本企業が海外企業を買収する場合、円を売って外貨を買ってから海外企業を買収するので、円売りドル買いの動きが増え、ドル高円安に動きやすくなります。

といっても、世界経済は様々なリスクも潜んでいます。リスクオフになると「有事の円買い」傾向になるので、年末にかけてドル需要と世界経済リスクの綱引きのような状態が続きそうです。

個人的には1ドル115円に一度くらいのせて欲しいと思っているのですが、今までの経験から1ドル114円以上でBUYするのはちょっと怖くもあります。

というのも、過去にさんざんBUYエントリーで多くの含み損を抱えて、身動きできないことがあったからです・・・。

といっても、ちゃんと損切りすればいいだけの話なのですが、それがなかなか難しいですからね。。

私が使っているFX業者について

私は現在、レバレッジ最大888倍の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが、レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない...お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。

XM(エックスエム)なら世界標準のFX取引ツール「MT4」をデフォルトで利用できます。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。

さらに、XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。

私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。

海外の証券会社ですが、日本語でのサポートも充実しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

XM(エックスエム)の口座開設手順を分かりやすく解説、口座開設で3000円、入金で最大50万円を受け取れ、トレード資金として使えます。

2019年10月3日

XM(エックスエム)の入金方法、入金額は1万円から送金手数料なし、日本の銀行に振込して1時間以内に口座に自動反映

2019年10月8日

XMの入金ボーナス(日本円で最大約50万円)について分かりやすく解説、トレード資金に使えます。

2019年10月9日

世界標準のトレードツール「MT4」のダウンロード、ログイン、設定の仕方については以下の記事で解説しています。

FX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード方法、アプリの立ち上げ、ログインの手順について解説

2019年11月6日

初めてMT4でFXトレードする人が最初に設定しておきたいこと、移動平均線やRSIや複数時間軸チャート表示、ワンクリック取引を可能になど

2019年11月11日

また、FXをやる前に必ず知っておきたいことについては以下に記事で触れています。(意外と盲点です)

FXで強制ロスカットを避けるために注意すべき5つのこと、入金額・レバレッジ・ロット数でコントロール、あとの2つは・・・

2019年10月11日

【実例】レバレッジごとの証拠金維持率の違い、レバレッジが大きくなると証拠金維持率も増え、強制ロスカットまでの距離が遠くなる

2019年10月14日

今すぐXM(エックスエム)の口座開設をしたい人は、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。
https://www.xmtrading.com/jp/

日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「Oanda Japan(オアンダジャパン)」がオススメです。私も以前、ここでトレードしていました。

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。(これは日本のどのFX業者にも言えることです)

私は300万円入金してトレードしていました。

現在、私はマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいのでXM(エックスエム)に10万円だけ入金してトレード技術を磨いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です