FXロスカットレートの計算方法、強制ロスカットされる為替レートを知る方法 

Pocket
LINEで送る

XMでは2月半ばから、OANDAではFOMCがあった3月15日から、大きな含み損を抱えてしまっています・・・。塩漬けってやつですね。。

これがXMの取引画面です。

「0.2ロット(2万通貨)× 4エントリー」で合計で135,997円の含み損です。

スワップは1エントリーにつき、1日1円ほど付いています。37ということは、1ヶ月以上も保有しているということですね。

3月15日のFOMC前では最大で15万円ほどの含み益が出ていたのですが、FOMC後の急落でプラスがマイナスになってしまいました・・・。欲張った私がバカでした。。

こちらはOANDA Japanの取引画面です。

「0.3ロット(3万通貨)× 3エントリー」で合計で169,500円の含み損です。

この取引画面ではスワップは0になっていますが、口座履歴を見ると、実際には3エントリーで1日145円ほどのスワップ金利が付いています。

1日145円ということは、30日で4,350円、365日で52,925円です。

含み損が大きくなると、強制ロスカットされる為替レートがいくらなのか気になります・・・

XMとOANDAの含み損は大きい時で、合計で50万くらいになった時もあります。1ドル110円を下に割りそうになった時です。

でも、今は1ドル111円後半まで戻ったので、その時に比べるとだいぶ含み損は減りました。

でも、ここまで含み損が膨らむと、強制ロスカットがどうしても視野に入ってきます。

私はどちらの口座にも300万円以上を入金しているので、おそらく大丈夫だと思ったのですが、念のためにOANDAに電話して、ロスカットレートの計算方法を教えてもらいました。

FX ロスカットレートの計算方法

OANDAの場合、ターミナルを表示すると、以下の情報が表示されます。

  • 残高
  • 有効証拠金
  • 必要証拠金
  • 余剰証拠金
  • 証拠金維持率

OANDAの場合、取引概要ページを見ると、ロスカットの条件は以下のように書いています。

個人、法人のお客様いずれも、証拠金清算割合(%)が50%以上となった場合。
※証拠金清算割合(%)=必要証拠金×50%÷証拠金清算価値 (=有効証拠金)

ロスカットが発動すると全ての決済注文をキャンセルし、建玉の反対売買を行います。

なんだか、意味がいまいち分かりませんが、OANDAの場合、以下のような基準になっているそうです。

  • MT4東京サーバーの場合:証拠金維持率が100%(両建てしている場合は90〜110%)を下回ったら、損失の大きい建玉から順番に強制ロスカット。FX TRADEとはリンクせずに単体で動作。
  • MT4NYサーバーの場合:証拠金維持率が約100%(両建てしている場合は90〜110%)を下回ったら、全玉を同時に強制ロスカット。FX TRADEとリンクして動作。

私の場合、現状では証拠金維持率が600%以上なので、まだ大丈夫です。なるべく500%以上を保つようにしようとしています。

さて、肝心の「ロスカットレートの計算方法」ですが、以下のように計算します。

今の為替 – (余剰証拠金 ÷ 保有枚数)

たとえば、私の場合、OANDAでは以下のようになっています。

  • 今の為替:111.863(BUYのレート)
  • 余剰証拠金:2,448,125円
  • 保有枚数:90000枚(0.3ロット x 3エントリー = 0.9ロット、0.1ロットが1万枚なので0.9ロットは9万枚)

では、計算してみましょう。

111.863 – (2,448,125 ÷ 90000) = 111.863 – 27.201 = 84.662

というわけで、ドル円の為替レートが1ドル84.662円まで円高になったら、強制ロスカットされてしまうということです。

さすがに、2017年内はないと思いますが、欧州の政治情勢や北朝鮮のミサイルなど、予想もしないことが起こったら、マーケットは大きくリスクオフになりますから、その時は大きく円が買われて円高になる可能性もあります。

なので、できるだけ早く1ドル115円に戻って欲しいと願っている毎日です・・・。

次は、XMです。

XMは海外証券なので、レバレッジが日本のFX会社よりも大きくなっています。

日本ではレバレッジ25倍が最高ですが、XMでは最高888倍です。

私はレバレッジ50倍でやっています。そのぶん、証拠金維持率に余裕があります。

XMでの強制ロスカットの条件は「証拠金とレバレッジ – 損切りレベル」に以下のように書いてあります。

損切りレベル

損切レベルとは、未決済ポジションが自動的にクローズとなるレベルの保有総額です。 全てのお口座において、お口座の証拠金維持率が20%に達しますと強制決済が執行されます。

チャットで質問したら、以下のようなお返事を頂きました。

弊社ではロスカットは証拠金維持率が20%の時点で行われ、システムは損失が大きいものから順番に取引を一つずつ決済し始め、使用証拠金を減らします。
これにより、証拠金維持率を20%以上に押し上げようとします。

証拠金維持率が20%になると強制ロスカットされてしまうそうです。

たとえば、私の場合、XMでは以下のようになっています。

  • 今の為替:111.872(BUYのレート)
  • 余剰証拠金:3,902,454円
  • 保有枚数:80000枚(0.2ロット x 4エントリー = 0.8ロット、0.1ロットが1万枚なので0.8ロットは8万枚)

では、計算してみましょう。

111.872 – (3,902,454 ÷ 80000) = 111.872 – 48.780 = 63.092

というわけで、ドル円の為替レートが1ドル63.092円まで円高になったら、強制ロスカットされてしまうということです。

さすがに、1ドル63円にはならないと思いますが・・・。

いずれにせよ、含み損はストレス以外の何物でもなく、毎日、胃がキリキリと痛くなるので、できるだけ早くスクエア、もしくはプラスで終えられたらと思っています。

現状では、自分でロスカットすることは考えていません。これがダメな考え方というのは分かっていますが・・・。

(追伸)無事、プラス決済で終えることができました。

XMとOANDAで大きく抱えてしまった含み損ですが、なんとかプラス23万円で決済することができました。

多い時で含み損が100万ほどまで膨らんだ7エントリーを無事にプラスで利食い。+23万円

今回の体験を通して、損切りの重要性を身をもって学びました。

結果的にプラスで終えることができましたが、これはラッキー以外の何物でもないと思うので、今後はもっとシビアに損切りと向き合っていきたいと思います。

現在は、日本の証券会社であるOanda Japan(オアンダジャパン)のみでトレードしています。

その理由は以下の記事に書いてあります。

FXトレードでMT4が使える国内証券会社と海外証券の最大のデメリット

Oanda Japan(オアンダジャパン)口座開設・MT4用のアカウト作成・入金・トレード開始までの流れ

私は現在、「OANDA(オアンダ)Japan」で世界標準の取引ツール「MT4(MetaTrader 4)」を使ってFXトレードをしています。

「OANDA(オアンダ)Japan」の口座開設からトレード開始までの一連の流れを以下の記事にまとめていますので、もしよかったら参考にして下さい。

Oanda Japan(オアンダジャパン)の口座開設の手順、最短で口座開設するなら郵送よりも画像アップロード

2018年10月2日

↑口座開設について。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーと東京サーバーの違い、全く初心者ならNYサーバーが向いている理由

2018年10月3日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)には「NYサーバー」と「東京サーバー」がありますが、両者の違いについて。

Oanda Japan(オアンダジャパン)でMT4(MetaTrader4)を使うにはサブアカウント(NYサーバー/東京サーバー)を作る必要がある。

2018年10月4日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)を作る手順。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のダイレクト入金ならすぐに即時入金される、その手順と対応銀行

2018年10月5日

↑作ったサブアカウント(サブ口座)に入金すれば、トレード開始です。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーから東京サーバーへ資金移動完了、その手順とMT4でのログイン

2018年10月1日

↑「NYサーバー」のアカウトから「東京サーバー」のアカウントに資金を移動。

私が使っているFX業者について

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)⬇」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

⬆詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。⬇

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です