多い時で含み損が100万ほどまで膨らんだ7エントリーを無事にプラスで利食い。+23万円

Pocket
LINEで送る

今年は2月のBUY4エントリー、3月のBUY1エントリー、6月のBUY1エントリー、7月のBUY1エントリーの合計7エントリー(ドル円)がずーと含み損を抱えていました。

北朝鮮ミサイル問題で1ドル107.3まで下落した時(9月8日)は、含み損が100万ほどあった記憶があります。。

でも、昨晩の米GDP速報値が発表された直後に、なんとか指値(T/P)に刺さって、合計で23万円ほどの利益確定で終えることができました。

今年に入ってから、ずーと含み損が肩の上に乗っかっていましたが、やっと開放されてホッとしています。

米・第3四半期GDP 速報値

昨晩発表された「米・第3四半期GDP 速報値」は予想を上回る数値が出ました。

米経済、3%成長維持  7~9月、消費・投資など堅調 利上げ路線後押し:日本経済新聞

商務省が27日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、前期比年率換算で3.0%増だった。伸び率は4~6月期の3.1%をほぼ維持し、巡航速度である潜在成長率(2%弱)も上回った。個人消費、設備投資、輸出がそろって堅調で、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ路線を後押ししそうだ。

米GDP速報値の発表後、ドル円は114.450円までスパーンと上昇しました。

私は114.3〜114.4円で指値(T/P)を入れていたので、ここで7エントリー全て刺さりました。

カタルーニャ報道

しかし、その直後にスペインのカタルーニャ報道が出て、リスクオフのドル売り、円買いで下落。

次期FRB議長にハト派のパウエル氏報道

さらに、「トランプ米大統領が次期FRB議長はハト派のパウエルさんに傾いている」という報道が出て、さらにドル売り・円買いで下落。

テイラーさんだったら、タカ派と言われているので、ドル円は上昇したのでしょうが。

結果的に、米GDP速報値発表後の最高値で利益確定できたことになりました。

2017年のドル円のレンジ

2017年は年始に118.6円まで上昇し、その後は115.4円。

そして、過去2回、114.5円で抑えられています。

前回は115円まで上昇するのを期待して失敗したので、今回は114.5円直前で指値を入れて待っていました。

収支

まずは、XM(エックスエム)の4エントリー。

全てプラスで利食いでき、スワップ金利と合わせて合計で230,187円の利益となります。

XM(エックスエム)は海外証券なので、レバレッジが日本のFX業者よりも大きいので、そのぶん証拠金維持率に余裕ができ、強制ロスカットのリスクは小さくなります。

次に、OANDA(オアンダ)の2エントリーです。

114.5円を超えるとは思わなかったので、2エントリーでプラスになればいいと思い、指値を114.3円台に入れました。

「12450 – 7470 = 4980」となるので、2エントリーで4,980円のプラスです。

XMとOANDA(オアンダ)を合計すると、23,5167円の利益となりました。

結果オーライですが、やはり損切りできないと、こんなに長く含み損に耐えなくてはいけなくなってしまい精神的によろしくないですし、その間、積極的にエントリーできなくなるので、損切りをちゃんとできるようにならないとですね。。

月の収支でプラスになればOKなので。

とりあえず、含み損から開放されたので、来週からはロットを0.1から0.2に上げようと思います。

まだ怖くて、1ロットとかではできないです。。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です