米国の平均時給の推移(棒グラフあり)、雇用統計の平均時給を見るたびにアメリカの時給の高さに驚きます。

Pocket
LINEで送る

日々、様々な経済指標が発表されますが、為替に一番影響を与える経済指標といえば、「米国の雇用統計」だと思います。

毎月第1金曜日(夏時間は日本時間21:30、冬時間は日本時間22:30)に発表される経済指標です。

米・雇用統計の結果が良ければ、ドル円は上昇(=ドル高円安)する傾向があり、結果が悪いとドル円は下落(=ドル安円高)する傾向があります。

米・雇用統計では複数の指標が発表されるのですが、マーケットで主に注目されるのは以下の3つです。

  • 非農業部門就業者数
  • 失業率
  • 平均時給

私は2016年からFXを始めたのですが、2017年に入ってから、インフレ懸念からか特に「平均時給」が注目されているように感じています。

そして、雇用統計で発表される「平均時給」を見るたびに、「アメリカの時給って高いな〜」と思います。

たとえば、2018年6月1日に発表された米・雇用統計では平均時給は「26.92ドル・前年同月比2.7%増」となっています。

米失業率18年ぶり低水準 雇用改善、利上げ後押し:日本経済新聞(2018/6/1)

もっとも、賃金の伸びは依然として緩やかだ。平均時給は26.92ドルと前年同月比2.7%増だった。伸び率は改善傾向にあるが、08年の金融危機前の3~4%には届かない。雇用情勢の逼迫がどこまで賃金を押し上げるかが、先行きのインフレ率を大きく左右しそうだ。

本日のドル円の為替レートは1ドル110円ほどなので、1ドル110円で計算すると、時給26.92ドルは日本円で2,961円です。

約3000円ですが、これは平均なので、人によってはもっと高い時給をもらっていることでしょう。

日本でも最近は人件費が上昇しており、アルバイトの時給は増加傾向にありますが、それでも時給3000円をもらっている人はほとんどいないと思います。

日本の平均時給はどれくらい?(2018年4月)

バイト時給、4月1.9%高 三大都市圏 連休前に人手確保:日本経済新聞(2018/5/16)

求人情報大手のリクルートジョブズが15日発表した三大都市圏(首都圏・東海・関西)の4月のアルバイト・パート募集時平均時給は、前年同月比1.9%(19円)高い1021円だった。

この記事を読むと、2018年4月の日本のエリアごとのアルバイト・パートの平均時給は以下の通りです。

  • 三大都市圏(首都圏・東海・関西):1021円
  • 首都圏:1062円
  • 関西:989円
  • 東海:964円

うちの近所のコンビニや吉野家でも、高くても1200円(深夜)くらいです。

2017年末にヤマト運輸がドライバー不足で時給2000円で募集を出していましたが、これはレアケースでしょう。

日本はバブル崩壊以降、給料が上がっていない会社が多いですが、アルバイトの時給も同様で、私が高校生の時とたいして変わっていません。

一方、アメリカでは前年比で2.7%も上がっており、2018年5月の平均時給は26.92ドル(1ドル110円計算で2,961円)です。

ここで気になったのが、アメリカの平均時給の推移です。どのようにして上昇しているのか気になったので、確かめてみました。

米国の平均時給の推移

米国の雇用統計は「米国労働省」から発表されます。

U.S. Bureau of Labor Statistics

このトップページの右側に「Average Hourly Earnings(平均時給)」とあります。(赤枠)

「Average Hourly Earnings」の棒グラフのアイコンをクリックすると、以下のようなページが表示されます。

この状態だと「前年比」のデータしか見られないので、赤枠で囲った「More Formatting Options」をクリックします。

左の赤枠で「1-Month Net Change」を「Original Data Value」に変更し、右の赤枠で「Specify year range」から「All years」に変更します。

上記のように変更したら、下の「Retrieve Data」ボタンをクリックします。

すると、2006年から2018年の米・平均時給の推移を棒グラフで見ることができます。

2006年の時給20ドルから順調な右肩上がりになっていることが分かります。

このやり方だと、現状では2006年からのデータしか見ることができないので、色々と調べてみたところ、以下のページだとさらに昔からの平均時給のデータ推移をチェックできました。

https://data.bls.gov/pdq/SurveyOutputServlet

1964年まで遡れますが、ここでは2000年から2018年の平均時給の推移を掲載します。

2000年から見ても、米国の平均時給は右肩上がりです。

2000年3月の平均時給は13.85ドルですが、18年後の2018年3月は22.46ドルと1.62倍になっています。

このペースでいくとすると、今から18年後の2036年にはアメリカの平均時給は36.38ドルとなります。

1ドル110円計算だと日本円で時給4,001円です。

アメリカに旅行に行くと、レストランだけでなく、スーパーで売っているようなお弁当やお菓子といった食材も日本よりもだいぶ高く感じます。

賃金が上昇すれば、それに連れて物価も上昇します。

賃金も物価も上がらない日本から緩やかなインフレが進むアメリカに行くと、物価上昇を感じざるを得ません。

さらに、円安が進むと、さらにアメリカの物価が高く感じます。

やはり、日本も2%前後の緩やかなインフレが必要だと思う昨今です。

Oanda Japan(オアンダジャパン)口座開設・MT4用のアカウト作成・入金・トレード開始までの流れ

私は現在、「OANDA(オアンダ)Japan」で世界標準の取引ツール「MT4(MetaTrader 4)」を使ってFXトレードをしています。

「OANDA(オアンダ)Japan」の口座開設からトレード開始までの一連の流れを以下の記事にまとめていますので、もしよかったら参考にして下さい。

Oanda Japan(オアンダジャパン)の口座開設の手順、最短で口座開設するなら郵送よりも画像アップロード

2018年10月2日

↑口座開設について。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーと東京サーバーの違い、全く初心者ならNYサーバーが向いている理由

2018年10月3日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)には「NYサーバー」と「東京サーバー」がありますが、両者の違いについて。

Oanda Japan(オアンダジャパン)でMT4(MetaTrader4)を使うにはサブアカウント(NYサーバー/東京サーバー)を作る必要がある。

2018年10月4日

↑「MT4(MetaTrader 4)」を使うためのサブアカウント(サブ口座)を作る手順。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のダイレクト入金ならすぐに即時入金される、その手順と対応銀行

2018年10月5日

↑作ったサブアカウント(サブ口座)に入金すれば、トレード開始です。

Oanda Japan(オアンダジャパン)のNYサーバーから東京サーバーへ資金移動完了、その手順とMT4でのログイン

2018年10月1日

↑「NYサーバー」のアカウトから「東京サーバー」のアカウントに資金を移動。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です