2017年2月 ADP雇用統計、予想を11万人以上も上回る約3年ぶりの大幅な伸び

Pocket
LINEで送る

昨日は22:15に「2017年2月 ADP雇用統計 [前月比]」の発表がありました。

私はイフダンを上下に入れてスタンバイ。

結果は予想を大幅に上回る数値となり、ドル円も大きく上昇しましたが、私はミスってしまい約6000円の損失を出してしまいました・・・。

今月は昨日まで一度も損失を出してなかったので、3月で初めての損失となりました。

相変わらず、「俺って下手くそだなぁ〜」と思った1日でした。。

ドル円15分足

2017年2月 ADP雇用統計

結果 予想 前回
2月米ADP雇用統計 29.8万件 18.7万人 24.6万人 → 26.1万件

米ADP民間雇用者数:2月は29万8000人増-約3年ぶりの大幅な伸び – Bloomberg

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが8日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、2月の米民間部門の雇用者数は29万8000人増加。これは2014年4月以来の大幅な伸び。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は18万7000人増だった。
  製造業や建設業を含む財生産部門の雇用は10万6000人増。これはデータでさかのぼれる2002年以降で最大の増加幅。前月は5万5000人増だった。財生産部門のうち建設業は6万6000人増と、11年ぶりの大幅な伸び。製造業は3万2000人増で、2012年3月以降で最大の伸び。

米ADP民間雇用者数、2月は29.8万人増 1年ぶりの大幅な伸び | ロイター

ADP報告は雇用統計の行方を占う上で注目されているが、これまで正確性には乏しい。それでもADPが大幅な伸びとなったことで、エコノミストの間では雇用統計の見通しを引き上げる動きも出ている。
ハイ・フリークエンシー・エコノミクスのチーフ米国エコノミスト、ジム・オサリバン氏は、変動の大きい雇用統計を推測する上でADPは決して確実ではないが、「データを文字通りとらえると、米雇用統計に著しい上振れリスクがあることを示唆している」と話した。

NY円、続落 1ドル=114円30~40銭、米雇用情勢の改善で (写真=ロイター):日本経済新聞

米長期金利の指標である米10年物国債利回りは2016年12月20日以来ほぼ2カ月半ぶりの水準に上昇(債券価格は下落)。金融政策の影響を受けやすい米2年債利回りは約7年9カ月ぶりの高水準を付けた。日米金利差の拡大観測から円は114円75銭と、3日に付けた2月15日以来の円安・ドル高水準に顔合わせする場面があった。

 売り一巡後は下げ渋った。10日発表の米雇用統計で平均時給の伸びなどを確認したいという雰囲気は根強いうえ、9日にはECB理事会やドラギ総裁の記者会見を控えている。イベントを前に持ち高を一方向に傾ける動きは限られ、様子見姿勢が強まった。

昨日のトレード

ドル円1分足

約30分前から買いが増えて、チャートが上昇しています。インサイダー情報でしょうか?

私は上にBUYのイフダン、下にSELLのイフダンを入れていたのですが、近づけすぎたせいか両方とも引っかかってしまいました。。

上のチャートの下のラインがSELLのエントリーライン、上のラインがBUYのエントリーラインです。

BUYのエントリーラインはスリッページが起きて、ちょっとだけ上でエントリーされているようにも見えます。

XMなら40ポイント以上離さないとイフダンが設定できませんでしたが、OANDAの場合、もっと近づけることができます。

なので、ついつい近づけすぎてしまいます。

ただ、あまりの一瞬のことで、両方のイフダンに引っかかった瞬間を認識できませんでした。

私の目にはADP雇用統計の予想を大幅に上回る結果を受けて、チャートが上に行くのは見えたのですが、その前に一瞬だけ下に下がったようです。その時に、SELLのイフダンに引っかかってしまったようです。

ただ、改めて1分足を見ると、発表1分前に下に下がっていることが分かります。エントリー時間を見ると、「15:14:50」となっているので、日本時間で「22時15分50秒」に引っかかったことが分かります。発表10秒前に引っかかっちゃったんですね。

ただ、私は認識できず、気付いたらSELLのエントリーは一瞬で5000円くらいのマイナスが表示されており、BUYの方は1000円くらいのプラス。

一瞬、何が起きたのか分からず、軽めのパニック状態になり、なぜか、BUYのエントリーを決済してしまいました。

結果はあれほど良かったのに、なぜこのタイミングで利益確定してしまったのか、今だに謎です。。

一方、SELLのマイナスがどんどん増えていき、8000円ほどになった時点で損切りしました。

あれほど結果が良いと、落ちたとしてもあまり落ちないでしょうし、最悪の場合、115円くらいまでいってしまうと思ったので、損切りしました。

取引 ロット エントリー価格 決済価格 pips 損益
SELL 0.3 114.277 114.547 27.0pips -8100
BUY 0.3 114.403 114.474 7.1pips +2130
合計損益 -5,970

下のラインがSELLエントリーラインで、上のラインが損切りライン。

結果論ですが、エントリーまで戻しています。

ただ、発表後は戻すかどうかなんて分からないので、不本意に引っかかってしまったイフダンですし、このタイミングで損切りできたのはよかったと思っています。

ただ、ベストはBUYを決済したタイミングで、イフダンSELLを損切りし、BUYエントリーをもっと伸ばしてから利食いしたかったです。

あまりにADPの結果が良く、予想外にSELLのイフダンが自分が知らないうちに引っかかってしまったので、焦ってしまい変なアクションをとってしまいました。。

でも、この失敗は明日の雇用統計に活かしたいと思います。

明日の雇用統計もADP同様に予想を大きく上回ったら、1ドル115円の厚い壁を割るかもしれません。

今のところ、4時間足を見る限り、1ドル114.75が上値ラインとなっているようです。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です