2017年1月11日(水)FXトレード、久しぶりに20pips以上利食えました。

Pocket
LINEで送る

昨日はトランプ記者会見を控え、いまいち動きが読めなかったのですが、途中、BUYでエントリーし、22.3pipsを獲得できました。

ただ、その後、さらに上昇したので、結果的には早すぎる利食いとなりました。。

でも、久しぶりに20pips以上を取れたので、純粋にうれしいですね。

昨日のチャート(15分足)です。

25時(深夜1時)からトランプ記者会見がありました。上のチャートの赤い縦ラインの位置です。

XMはヨーロッパ時間表示なので、18:00となっていますが、冬時間では7時間足せばOKです。(18 + 7 = 25)

私は起きていたかったのですが、眠くなってトレードできる自信がなかったので、24時前には就寝してしまいました。。

このチャートを見ると、2時間前の23:00頃から、トランプ記者会見からの期待からか70pipsほど上へ行っています。

記者会見前の45分では下へ行き、記者会見が始まって15分もすると一旦上値の116.86まで上昇し、その後急落。

おそらく、記者会見の内容が市場が期待したものとは違っていたのでしょう。

3:45には114.23まで下落しています。

約2時間で2.6円ほど下落しました。

ここでSELLでトレードしていた人はかなりの額を利食いできたのではないでしょうか?

しかし、その後はまた上に行き115円台に回復。

米ダウ30も19,954ドルと前日比で98.75ドル上昇しました。

トランプ次期大統領の記者会見(1月12日1:00〜)

私は寝ていましたが、トランプ次期大統領の記者会見の内容がどうだったのかチェックしてみました。

ドル・円が一時115円割れ、トランプ会見失望で-保護主義姿勢を嫌気 – Bloomberg

12日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が下落。前日行われたトランプ次期大統領の会見で景気刺激策の詳細が示されなかったことへの失望や保護主義的な姿勢への警戒感が重しとなり、一時1ドル=115円台を割り込む展開となっている。

NY円、114円台前半に上昇 1カ月ぶり円高水準、トランプ氏会見後に円買い優勢:日本経済新聞

トランプ次期米大統領が大統領選後初めての記者会見を開いたが、減税などの経済政策について特に言及がなかった。米景気刺激策について説明があるとの期待感から会見前には円を含む対主要通貨でドルが買われていたが、会見後は反動から円買い・ドル売りが広がった。

概ね、期待と違った内容だったようですね。

YouTubeに記者会見を同時通訳した動画がアップされていました。

アメリカ次期大統領・トランプ氏が会見|日テレNEWS24

昨日のFXトレード

5分足

5分足です。

私はそれまでの流れでレンジだと思ったので、レンジの一番下でBUYでエントリー(左側の赤ライン)。

そして、右側の赤ラインで利食いラインにひっかかりました。

1分足

1分足。

まだレンジが続くというシナリオでいたので、レンジの上の方に利食いラインを入れていました。

しかし、その後もさらに上昇へ。

結果論ですが、116.43まで保有していたら、57pipsもとれていたことになります。

昨日のFXトレード成績

取引 ロット エントリー価格 決済価格 pips 損益
BUY 0.1 115.862 116.085 22.3 +2,230

2016年11月9日の米大統領選以降、負けばかりが続いていたので、久しぶりの20pips以上の勝ちができて、少しほっとしています。

0.1ロットという小ロットなので、2,230円の利益ですが、1ロットでやっていたら2万2300円の利益です。

もっと場数を踏んで、勝つ確率を上げることができたら、ロット1を基本ロットでやっていきたいと思っています。

私が使っているFX業者について(国内と海外)

私は「Oanda Japan(オアンダジャパン)」でFXトレードをしています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)

詳細は上の画像をクリック

広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。

世界展開している会社で、日本でも金融商品取引業に登録されています。

Oanda Japan(オアンダジャパン)」の最大のメリットは、日本のFX業者と違い、世界標準のFX取引ツール「MT4」を利用できることです。

MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの取引ツールです。

スプレッドもドル円なら0.3、ユーロドルなら0.5と非常に狭い(=手数料が非常に安い)です。

当サイトではOanda Japan(オアンダジャパン)についての記事もたくさん書いていますので、詳細は以下のページをご覧ください。

当サイトのOanda Japan(オアンダジャパン)関連記事 » ←クリック!

もしあなたが日本の最大25倍よりも大きなレバレッジをかけてFXをやりたいならMT4がデフォルトで使える海外FX業者の「XM(エックスエム)」でトレードするという選択肢も考慮に値します。

私も最初は大きなレバレッジがかけられる「XM(エックスエム)」から始めました。(強制ロスカットにかかりづらくなります

今現在、100万円以上の資金を用意できない人でも、レバレッジが最大888倍と大きいので、少ない資金でも取引できます。(国内証券だと100万以下の資金で始めると強制ロスカットにかかる可能性が高くなります)

さらに、XMの場合、口座開設で3000円、入金ごとに入金額の20%の資金がボーナスクレジットとして別途で付くので、そのぶん余剰証拠金に余裕ができます。(たとえば、10万円の入金で2万円、100万円の入金で20万円のボーナスクレジットが付きます)

日本語対応でサポートも日本人よって日本語でされるので安心です。返事もすぐにきますし、チャットによるリアルタイムサポートもあります。

ただ、海外FX業者だとFXの利益は総合課税となるので、年収が700万以上ある人なら分離課税になる日本のFX業者を利用した方がいいかもしれません。

XM
https://www.xmtrading.com/jp/

↑デモ口座は意味がないというか時間のムダなので、「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で開設することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です